競馬CIRCLE厩舎

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
特別Rの激走大穴馬 10:20

特別レース(原則9R以降〜最終R迄)の激走大穴馬を公開します。

推奨馬は最大2頭。

的中率より回収率重視となります。

[東京]
9R・3
10R・7
11R・-
12R・13.8

[阪神]
9R・-
10R・13
11R・9
12R・-

[函館]
9R・10
10R・10
11R・4
12R・13

東京、阪神は重馬場適性、函館は騎手・コース適性から選択した穴馬です。

阪神9R・三田特別は、穴馬オマワリサンが降級馬。2200mの非基幹距離がマッチするタイプ。相手も降級馬であるダノンマックイン、ムスカテールの二頭に。これに対峙できるとしたらアマファソンしかいない。

阪神メイン灘Sの本命-対抗-単穴=人気ブログランキングにて公開中。降級馬が有利。穴ならウインドミネーター。阪神巧者で出遅れず上手く先行出来れば穴駆けがある。

東京メインのアハルテケSは、時計勝負になりそうなので、ナムラタイタン、アドマイヤロイヤル、スタッドジェルランが有利になるが、前が速くなり過ぎると差せる馬の方が有利。差しに回ればの条件付きでバーディバーディ、スエズの出番がある。

| 競馬コ ラ ム | - | - | posted by mino -
特別Rの激走大穴馬 09:38

特別レース(原則9R以降〜最終R迄)の激走大穴馬を公開します。

推奨馬は最大2頭。

的中率より回収率重視となります。

土曜日は、メインの鳴尾記念の穴馬トーセンラーと、麦秋Sのティアモブリーオが好走してくれましたが、配当妙味はない激走だったので回収率は100%を下回ってしまいました。

[東京]
9R・12.9
10R・9
11R・有料情報のため非公開
12R・ユニコーンS=人気ブログランキングにて

[阪神]
9R・5
10R・13
11R・1
12R・3

≪ユニコーンSの見解≫
このレースはスピードが要求される東京1600mダートの重賞戦となるので、芝実績のある馬が有利。

人気どころでは、ストローハット、レッドクラウディアに芝3着内実績がある。

他ではダートで底を見せていないネクタルも芝は未経験ながらスピードがある有力馬。

大穴馬は芝実績のある●●●と、今回メンバー唯一勝負追いを施されて来ている●●●の二頭。

●●●は人気ブログランキングにて馬名公開中。

| 競馬コ ラ ム | - | - | posted by mino -
特別Rの激走大穴馬 08:20

特別レース(原則9R以降〜最終R迄)の激走大穴馬を公開します。

推奨馬は最大2頭。

的中率より回収率重視となります。

[東京]
9R・5

10R・10

11R・2.1

12R・-

[阪神]
9R・-

10R・4.2

11R・人気ブログランキングにて

12R・-

≪鳴尾記念の見解≫
アーネストリーが巻き返しを期してここから始動。これまでの休み明けとは比べものにならない程の乗り込み量、負荷量で好調時のバロメーターである1週前坂路51秒台を切る50.7秒-12.6秒を記録。間違いなく調子は良い。

人気のトゥザグローリーは、調子の良い時は、2週連続強め程度でCW5F64秒台が出る馬。一杯に追って無理強いしている時は、まだ状態が本物ではない。

ショウナンマイティは、もし安田記念に出走して来るようなら本命視した程、デキが良い。中間は坂路とコースでビッシリ乗り込まれほぼパーフェクトに近いデキ。

激走穴馬の1頭は、速い追い切りは1本不足しているが、最終追い切りで見せた切れは、この馬本来のもの。調子上向き。

激走穴馬2頭目は、2週連続に渡って勝負追いを掛けられていて本気モード。

| 競馬コ ラ ム | - | - | posted by mino -
特別レースの激走大穴馬 04:20

特別レース(原則9R以降〜最終R迄)の激走大穴馬を公開します。

推奨馬は最大2頭。

的中率より回収率重視となります。

土曜日はメインの欅Sで9番人気マルカベンチャーが単勝9番人気36.3倍の人気薄で3着と激走。

回収率は180%となった。

[東京]
9R・7.17
10R・有料情報のため非公開
11R・12
12R・人気ブログランキング

[京都]
9R・8
10R・7.1
11R・6
12R・10

≪目黒記念・見解≫
伝統のG競魯鵐農錣任呂△襪、96年から開催時期が冬から春へと変更されている。

以前は春天の前哨戦の位置付けだったが、開催時期変更後は宝塚記念の前哨戦へと性質を変えている。

これまで、目黒記念の勝ち馬は、宝塚記念で3着が精一杯の成績となっていて、あまり結びつきは強くない。

では、目黒記念でどのようなパフォーマンスを発揮すれば宝塚記念で通用するのか?

好走例は以下の4例。

・ポップロック(58.5kg)1着⇒宝塚3着
・ホットシークレット(57.0kg)1着⇒宝塚3着
・ステイゴールド(58kg)1着⇒宝塚4着
・ローゼンカバリー(58kg)1着⇒宝塚4着

57kg以上の重斤量を背負って目黒記念を勝った馬が宝塚記念の好走分岐点となっている。

逆にいうと57kg未満の斤量に恵まれた馬が目黒記念をどんなに強い勝ち方をしても宝塚記念では通用しないともいえる。

長距離のハンデ戦で斤量が堪えるコース設定なので、重斤量を背負って勝った馬は価値が高い。

今年のトップハンデは、58kgを背負い不利な大外枠に入ったトレイルブレイザー。

京都記念で見せたパフォーマンスは、武豊騎手の好騎乗以上とも相まって、G1級のパフォーマンスを披露した。

前走のドバイは鼻出血を起こし出走を回避。放牧明けで間隔は約3か月間空く。

トップハンデに大外枠。調教も1本時計が不足している。

3重苦、4重苦の中で、もし、ここを勝つようなら一躍宝塚記念では注目を浴びる事になる。

上記データからも好走が約束されているといっても過言ではないだろう。

他に57kgの重斤量を背負うのは、ダノンバラード、ユニバーサルバンク、スマートロビンの3頭。

目黒記念は、これらの4頭がどういう競馬を見せてくれるか、宝塚記念の穴馬発掘レースという目線で見るとより競馬が面白くなる。

個人的には、宝塚記念の秘密兵器として考えていた池江厩舎2頭(トレイルブレイザー・ダノンバラード)の走りに注目している。

| 競馬コ ラ ム | - | - | posted by mino -
特別レースの激走大穴馬 08:54

今週も特別レース(原則9R以降〜最終R迄)の激走大穴馬を公開します。

推奨馬は最大2頭。

的中率より回収率重視となります。

[東京]
9R・-
10R・-
11R・7
12R・9

[京都]
9R・-
10R・-
11R・人気ブログランキング
12R・-

今週は、二場開催で推奨馬少なめ。

東京11Rの穴馬マルカベンチャーは、1400m巧者。オープン昇格後常に勝ち馬とは1.0秒未満の競馬を続けており安定感抜群。これまで一度も東京へ遠征した経験はないが、過去2度の関東遠征では大井で3着、中山のカペラSでセイクリムズンの0.3秒差に好走していて、遠征時は勝負が懸っている。坂路で4週連続の一杯追いで勝負追いを掛けて来た。今の東京は差せるダートなので、この馬の差し脚が存分に活かせるのではないか。Hペースの逃げ馬も多く、展開向く。


東京12Rの穴馬サーストンサラは、中1週になるがコースで併せ馬。時計も終い加速ラップで着地できていて調子は絶好調。地方競馬ではブッチギリの連勝を重ねて来た馬で能力高い。高速決着に向くので、東京コースは合うはず。

京都11Rは、ジュエルオブナイル、マイネルカリバーン、ナシュワンヒーロー、ノーブルディードの人気馬が揃って強力な逃げ馬。Hペースは確実で、そうなると●●●と●●●の差し脚が活きる展開が予想される。今の京都は徐々に外差しが決まって来ている点も見逃せないポイントの一つ。

●●●と●●●=人気ブログランキングにて。

| 競馬コ ラ ム | - | - | posted by mino -
特別レースの激走大穴馬 09:03

特別レース(原則9R以降〜最終R迄)の激走大穴馬を公開します。

推奨馬は最大2頭。

的中率より回収率重視となります。

土曜日は、複勝回収率167%、単勝回収率183%でした。

京都12Rは推奨2頭(8番人気・9番人気)でワンツーで、馬連14.200円、馬単24.920円の万馬券決着となった。(出来過ぎなのでこんな事は滅多に起こらないと思うが…)

[東京]
9R・8.2

10R・9.5

11R・人気ブログランキングにて。

12R・11

[京都]
9R・-

10R・-

11R・10.6

12R・-

[新潟]
9R・-

10R・14

11R・2

12R・-

オークスは、ある条件を満たした馬の好走例。

11年・ホエールキャプチャ(2人気・3着)
10年・サンテミリオン(5人気・1着)
09年・-
08年・エフティマイア(13人気・2着)
07年・-
06年・フサイチパンドラ(5人気・2着)
05年・シーザリオ(1人気・1着)
04年・ダイワエルシエーロ(6人気・1着)
03年・チューニー(13人気・2着)
02年・スマイルトゥモロー(4人気・1着)
01年・-
00年・オリーブクラウン(16人気・3着)

人気馬から人気薄まで万遍なく好走歴があり、複勝回収率、単勝回収率も黒字となっている。

『ある条件』とは、陣営がオークスを狙っている事を指し示すもの。詳細は重賞研究レポートのレース展望で公開済みだが、このパターンに該当している馬は、今年は3頭のみ。

これまでも人気を上回る好走歴があり、この3頭にも期待が持てる。

この3頭の中の1頭が、オークスの大穴激走馬になる。

馬名は、人気ブログランキングにて。

| 競馬コ ラ ム | - | - | posted by mino -
<< | 2/17 | >>