競馬CIRCLE厩舎

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
福島牝馬S 14:02

JUGEMテーマ:競馬

 

【福島牝馬S】

◎11.ブルガアルタ

○13.クロコスミア

○09.クインズミラーグロ

 

以下抑え

△1.10.12.14

 

本命は牝馬・ハンデ戦+福島の鬼・尾形和幸厩舎が送り出すブルガアルタ。

 

オッズ分布は、単勝10倍未満5頭+単勝10倍以上20倍未満5頭+単勝40倍未満1頭で5-5-1の分布。

 

1番人気は4.0倍未満なので、基本ラインは上位3番人気内を軸にして、

 

単勝20倍台(複勝4倍台)までのオッズ馬を買えば当たる確率が高いレース。

 

昨年のように単勝50倍台以上が突っ込んで来る確率は、オッズ解析の観点から低いと考えられる。

 

本命のブルガアルタは、オッズ断層ラインに位置している馬である点も強調材料。

(エテルナミノルと微妙な差ではあるが…)

 

勝負馬券は、人気ブログランキングにて。

 

 

 

 

| 重賞&G1予想 | - | - | posted by mino -
皐月賞 02:57

JUGEMテーマ:競馬

 

【皐月賞】

◎04.カデナ

○08.ファンディーナ

★17.ウインブライト

 

以下抑え

△2.6.7.11

 

単勝オッズ分布は、10倍未満5頭、20倍未満4頭で複勝6倍以上が足切りラインとして考えると、断層は9番人気と10番人気にあることが環境認識できる。

 

馬連なら基本は9番人気以内からセレクトしたいところ。

 

皐月賞は、路盤改修工事以降、クッションが利いた馬場に変わっていて、上がり3Fが高速化している特徴がある。

 

最終週だが、先週より時計が速くなっていて、皐月賞も瞬発力が要求される。

 

馬場の内は荒れているように見えるが、インも伸びる馬場で内外のバイアス差はない。

 

逃げるのは、カデナのリードホース役クリンチャーが5F61秒前後のラップを刻む可能性が高い。

 

内からマイスタイルがどう動くかでペースは決まるが、基本はクリンチャーの単騎逃げとみてよい。

 

勝ち時計は1分59秒前後で、レースの上がりは34秒台中盤程度。

 

1番人気のファンディーナは先行するだろうから、各馬は早めの仕掛けでレースは残り4Fから動く展開になる。

 

瞬発力と4Fからスパートできる底力が問われるレースになるとみてよい。

 

血統適性は、レース質が変わった近3年を見ると、SS系×米血脈+母系に欧州血脈を内包している馬が馬券に絡んでいる。

 

他ではSS系×ナスルーラ系+欧州となっている。(ドゥラメンテ、トゥザワールドは逆ニックスパターン)

 

血統適性上位は以下の4頭。

 

・アダムバローズ

・プラチナヴォイス

・ファンディーナ

・アルアイン

・ウインブライト

 

また、G1クラシックということで、前走実績も重要視すべき。

 

近5年は、前哨戦0.1秒内の競馬をしている馬しか馬券に絡んでいない。

 

以前は大敗からの巻き返しもあったが、近年は立ち回りだけで勝ち負けできる程、甘くないレースになっている。

 

本命は、カデナとファンディーナの2頭。

 

甲乙つけ難いが、展開面によってどちらが上位に来るか変わるとみている。

 

目標にされるファンディーナとリードホース役を持っているカデナとを比較した場合に、ややカデナの方が有利とみるが…。

 

また、中竹厩舎×福永騎手はゴールデンコンビで、3着内率5割以上、回収率も優に100%を超える。

 

単勝オッズも7倍で馬券期待値はこちらの方が上。

 

ファンディーナは、馬体面は牡馬と見違うほど。

 

まだ、揉まれた経験がなく、目一杯の競馬をした時にどうなるか、繊細な牝馬なので走ってみなければ分からないが、能力は一級品。自身で逃げて別規格の競馬をすれば圧勝も有り得る。

 

穴はウインブライト。

 

スプリングSでも穴推奨して、5番人気1着と激走。

 

その時と買う条件は一緒で、この馬の場合、血統面からも距離延長した方がより能力を発揮できる可能性が高いのではないか。

 

買い目は、人気ブログランキングにて。

 

今回は少点数で勝負!

 

 

| 重賞&G1予想 | - | - | posted by mino -
アンタレスS 13:57

JUGEMテーマ:競馬

 

【アンタレスS】

◎10.モルトベーネ

◎06.グレンツェント

★12.タガノエスプレッソ

 

以下抑え

△4.5.13

 

戦績が示す通りグレンツェントが力量で一枚上。

 

鉄砲も利く馬で休養明けのハンデもないなら当然の本命。

 

逆転の目があるとすれば、阪神中長距離実績NO.1の松永昌厩舎が送り込むモルトベーネ。

 

鞍上もデムーロで、早め先頭から押し切る競馬か。

 

モンドクラッセがスローで逃げるので、展開利も見込めそう。

 

穴はタガノエスプレッソ。

 

前走1400mを使ったことで、今回は前目で競馬が出来る点が魅力。大敗後人気急落で期待値が高く、同馬はオープンに上がってから勝ったレースは全て5番人気以下。

 

典型的穴厩舎で、鞍上の北村友一騎手も穴騎手。

 

能力的にも、フェブラリーS4着のエイシンバッケンを二走前は完封。

 

能力×穴厩舎×穴騎手で穴狙いが立つ。

 

買い目は、人気ブログランキングにて。

 

 

| 重賞&G1予想 | - | - | posted by mino -
桜花賞 12:49

JUGEMテーマ:競馬

 

【桜花賞】

◎16.ミスパンテール

◎14.ソウルスターリング

★12.アエロリット

 

以下抑え

△6.8.10.15

 

三つ巴戦を想定。

 

ソウルスターリングの強さは言うまでもないので、詳細は割愛。

 

道悪になっても父サドラーズ系、母系が欧州血脈が集結しているので問題ない。

 

同産駒のミスエルテは、母系が米国血脈でスタミナ面に問題あるが、ソウルスターリングは血統面、馬体面、走法も問題なし。

 

逆転候補1番手としては、チューリップ賞2着のミスパンテール。

 

同馬はキャリア1戦で格負けすることなく、ソウルスターリングに食い下がった潜在能力を高く評価している。

 

キャリア1戦で重賞、しかも激戦となるトライアルで勝ち負けできるということは能力が抜けている証拠。

 

あのサイレンススズカですら弥生賞では敗れている事を考慮しても、いかに同馬の能力が高いか見て取れる。

 

しかも前走は、7か月の休み明け。

 

今回は大きな上積みが期待できる。

 

穴馬は、ソウルとは別路線組から選定すべき。

 

良馬場ならアドマイヤミヤビが◎評価となっていたが、阪神は重馬場。

 

クロフネ×ネオユニ産駒で走法が完全な道悪巧者の走り。

 

クイーンカップでアドマイヤミヤビに敗れているが、粘りっこい走りで道悪馬場なら逆転可能とみる。

 

クロフネはダートの鬼、ネオユニは重馬場のきさらぎ賞、ダービーを圧勝していて、その血を受け継いでいるアエロリットの激走があるとみている。

 

桜花賞の買い目は、人気ブログランキングにて。

 

| 重賞&G1予想 | - | - | posted by mino -
阪神牝馬S・NZT 13:36

JUGEMテーマ:競馬

 

【阪神牝馬S】

○08.ジュールポレール

▲03.クイーンズリング

★11.アットザシーサイド

 

以下抑え

△4.5.6.15.16

 

本命視までは出来ないが、500万⇒1000万⇒1600万を圧勝してきた上がり馬ジュールポレールに注目している。

 

クラスの壁を感じさせないばかりか、前走は休み明け昇級緒戦のハンデを克服しての圧勝。

 

将来的にはいくつも重賞を勝てるだけの器。

 

不安は重馬場適性のみ。

 

単穴はクイーンズリング。

 

重馬場の鬼で2戦2連対。

 

穴は阪神芝短距離路線で高回収率実績を誇る、浅見×福永のコンビが送り出すアットザシーサイドを推す。

 

【NZT】

○15.タイムトリップ

▲02.ランガティア

▲16.ボンセルヴィーソ

 

以下抑え

△4.8.9.10.12.14

 

オッズバランス的に単勝7番人気以下の穴馬出現率が高いオッズバランスを保っているので、本来ならこのゾーンから手広く買いたいレース。

 

がしかし、有望な穴馬を発掘する事ができず。

 

一応、中心視したいのはタイムトリップ。

 

このレースは、パワー+スピード持続血脈を保持した馬が好走するレース。

 

父シーキングザゴールド系×母系にロベルト・ダンジグを保持しているタイムトリップから狙いたい。

 

アメリカ血脈×NZT激走血脈ロベルト・ダンジグの配合というのがミソ。

 

不安は外枠に入った点。

 

内枠なら自信の◎でもよかったと思う。

 

明日は桜花賞。

 

単勝1.1倍のソウルスターリングが圧勝するのか?それとも伏兵の入る余地があるのか?

 

勝負馬券は、人気ブログランキングにて。

 

 

| 重賞&G1予想 | - | - | posted by mino -
大阪杯 13:32

JUGEMテーマ:競馬

 

 

【大阪杯】

○13.ヤマカツエース

▲14.マカヒキ

★04.ステファノス

 

以下抑え

△1.5.7.11.12

 

勝負馬券は、人気ブログランキングにて。

 

今の阪神は外回りなら33秒台の脚が要求される高速馬場。

 

展開面を考えると、マルターズアポジーの単騎逃げで、番手にキタサン、ロードが続く流れか。

 

前半5F59秒台の締まった流れになる可能性大。

 

買いたい馬は、小回りコース巧者で尚且つ、M〜Hペースで上がり34秒台の脚がコンスタントに使える先行〜差し馬となる。

 

そこで浮上するのがヤマカツエース。

 

基本、2000mまでのスタミナしかなく、春天・宝塚というよりここに全力投球のタイプ。

 

勝つための条件も揃っており、狙いの1頭。

 

単穴はマカヒキ。

 

状態面の不安を耳にするが、調教量もこなしているので問題視する必要はない。

 

自身、高速馬場を得意とする差し馬で、今の馬場と展開が嵌ると予想。

 

穴では、ステファノス。

 

前走の内容でミソをつけた事から人気急降下で期待値の最も大きい馬。

 

阪神2000mのラップ適性最上位であり、G1に強い藤原×川田のコンビ。

 

このコンビは過去1年間の連対率4割6分以上、複勝率5割3分。

 

元々、夏負けの体質を持っている事から宝塚よりここメイチで、距離適性も配合から2000mまで。

 

以上のことから完全勝負懸りパターンと読む。

 

人気のキタサンブラックは、オッズ分布解析からは高確率で3着内に入ってくるパターンではあるが、テクニカル解析以外の部分では、展開面と陣営の目標(春天2連覇と宝塚記念を最大目標)は先である事による不安がある。

 

また、叩き3走目はお釣りが残らないことから、大阪杯をステップに目標2レースに臨む公算大で、積極的には狙いにくい。

 

馬券圏内に入る想定とすれば、マルターズを先に行かせて、自身は離れた番手を追走、3角から後続に脚を使わせて、末脚封じをした上で、直線残り200mでマルターズを交わしゴールのイメージか。

 

何かに絡まれたり、前を追い掛け過ぎる展開では苦しくなる。

 

リスクと回収率・期待値を込みで考えると馬券によっては切ってもいいかもしれない。

(3連系馬券では組み込む事を推奨)

 

| 重賞&G1予想 | - | - | posted by mino -
ダービー卿CT 13:47

JUGEMテーマ:競馬

 

 

【ダービー卿CT】

○05.キャンベルジュニア

○08.シルクグラン

▲11.マイネルアウラート

★15.ダンツプリウス

 

以下抑え

△03.07.10

 

本命不在も上位人気の中で積極的に狙いたいのは、シルクグラン。

 

中山巧者で9戦中3着内77%以上の成績で、血統面もステゴ×ダイナフォーマーで中山マイル回収率150%越え。

 

しかも戸田×戸崎のコンビも過去1年間の3着内率70%以上と完全な勝負配列。

 

穴で面白いのは、ダンツプリウス。

 

ブライアンズタイム×マンハッタンカフェは中山マイルの鬼配合。

 

実際に中山マイル2戦2勝と好相性で、NZTを制している。

 

勝負馬券は、人気ブログランキングにて。

 

| 重賞&G1予想 | - | - | posted by mino -
本日のメインレース 13:47

JUGEMテーマ:競馬

 

【高松宮記念】

○09.シュウジ

★15.ヒルノデイバロー

★02.フィエロ

 

以下抑え

△3.6.7.12.13.14.18

 

混戦の宮記念。

 

切り口は多くあるが、厩舎&騎手の中京コースにおける期待値を軸に予想を構築したい。

 

その視点で予想すると買える馬は○〜★までの3頭のみ。

 

人気薄の3頭なので手広く買える点も魅力。

 

【マーチS】

◎11.コスモカナディアン

▲15.ディアデルレイ

★06.メイショウスミトモ

注05.アルタイル

 

以下抑え

△2.8.14

 

本命はコスモカナディアン。

 

単穴はディアデルレイ。

 

穴は2頭メイショウスミトモとアルタイル。

 

血統コース適性から上位評価は4頭に絞られる。

 

中でもコスモカナディアンの金成厩舎は中山コース複勝率3割5分以上、回収率100%越え、鞍上の柴田大知騎手はこの厩舎の勝負騎手の内の一人で、横典・戸崎に次ぐ勝負騎手。

 

金成-柴田大のコンビは中山ダート1800mでこそ狙えるコンビ。

 

人気ブログランキングでは高松宮記念&マーチSの勝負馬券を買い目つきで掲載中。

 

 

| 重賞&G1予想 | - | - | posted by mino -
単勝1本被りの土曜重賞 13:24

JUGEMテーマ:競馬

 

行楽日和のこんな日は馬券買うより家族で出掛けたほうがよいです。

 

単勝1倍台の馬が中山・阪神に登場して、正直買う気ゼロです。

 

飛べば高配当を少点数で仕留められるので、逆張り派にはおススメですが。。。

 

両レースで穴として狙いたい馬は、人気ブログランキングに掲載中です。

 

日経賞は、USAダート血脈が活躍するレース穴2頭はこの血統を母系に持っています。

 

先に名前を挙げた馬は、オッズ的にも期待値の高い数値を示しています。関係者買いですかね?

 

毎日杯は、先に名前を挙げた馬は穴馬ですが、本命視しても良いくらい買い材料が揃っています。

 

二頭出しですが、この鞍上が乗った場合の勝率・複勝率・回収率が群を抜いています。

 

名前的に人気になり難い騎手で、この馬の戦績も地味なので妙味が高いです。

 

明日は高松宮記念です。こちらに全力投球ですね。今日は人気ブログランキングで挙げた穴馬から少額買ってみます。

 

 

| 競馬コ ラ ム | - | - | posted by mino -
フラワーC 23:01

JUGEMテーマ:競馬

 

 

【フラワーC】

◎05.デアレガーロ

○01.ディーパワンサ

★04.サンティール

 

以下抑え

△02.ブライトムーン

△08.ドロウアカード

△10.ハナレイムーン

△12.ファンディーナ

 

スプリングSは◎-★-▲でズバリ3連単34.730円的中となりました。

 

あまり大勝負はしないのですが、スプリングSは滅多にない大勝負レースでドカンと勝負して34万7千3百円の大的中となりました。

 

人気ブログランキングでは個人勝負馬券を買い目付きで掲載しているので、大勝負レースの時は見た方がいいと思います。

 

阪神大賞典は本命◎シュヴァルグラン、激走穴馬★トーセンバジルが2着3着に好走しましたが不的中。

 

そもそも、当てる事を目的としていないので、単勝1.1倍のサトノダイヤモンドに勝たれた段階でどうしようもありません。

 

競馬をやるからには儲からなければ続かない。

 

今後も単勝上位人気馬をぶった切って行きますが、切った馬が馬券圏に来ても仕方ありません。

 

期待値の低い馬券は買えば買うほど負けが積み上がっていくだけです。

 

フラワーCもグリグリの単勝1番人気ファンディーナなど本命にはしません。

 

ここは期待値の高いデアレガーロに本命を打つ。

 

そもそも中山1800mで行われるフラワーCに上がり33秒台の脚など不要で、前に行って渋太く粘れる脚を持っている馬なら勝負になります。

 

ルメール×大竹厩舎×サンデーレーシングの相性もこのコースに限れば期待値100%越えなので、本命はこちらという事になります。

 

対抗はディーパワンサ。

 

穴馬はサンティール。

 

上位評価3頭の血統構成を見てもらえれば分かる通り、切れる血統ではなくジリ脚だけどバテない脚を持っている。

 

ファンディーナは抑えだけど、このオッズなら切っても後悔はない。

 

フラワーCの勝負馬券は人気ブログランキングに公開中。

 

スプリングSでかなり儲かったので、ここはお遊び程度の100円買いにて。

 

 

| 重賞&G1予想 | - | - | posted by mino -
<< | 2/159 | >>