競馬CIRCLE厩舎

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
京王杯SC 11:44

JUGEMテーマ:競馬

 

【京王杯SC】

◎04.サトノアラジン

★02.ロサギガンティア

★07.ブラヴィッシモ

★11.トキーングドラム

 

以下抑え

△3.9.10

 

5F57秒台のHラップを刻むレースで、道中息が入る箇所がない関係でから1400mギリギリの能力しか持たない馬では太刀打ちできないレース質になる。

 

今年は、それに加えて道悪必至の消耗戦になるのは確実。

 

好走血統もレース質を反映してか、以下の欧州血脈の活躍が目立つ。

 

・ニジンスキー系

・リファール系

・リボー系

・ストームキャット系

 

※ストームキャットは米国中距離血脈だが、米国のダートはテン・中と全くラップが落ちない消耗戦。

 

また、ノーザンテースト・サクラバクシンオー(母系ノーザンT内包)・フジキセキ(母欧州系)・マンハッタンカフェ(母リボー系)の好走率が高い傾向もある。

 

上記を踏まえると、デムーロ騎乗で人気しているレッドファルクスや、ルメール騎乗のキャンベルジュニアは、好走血脈を一つも持っておらず全幅の信頼は置けない。抑え程度の評価。

 

ステップレースにも特徴があり、前走からの距離短縮組の好走歴が頻発。

 

前走1200m以下からのステップでの好走パターンは、似た流れになるG1高松宮記念組のみ抑えればよいだろう。

 

中穴人気のトウショウドラフタは、東京コースに滅法強い田辺騎乗馬だが、前走オープン特別からの臨戦。好走パターンに合致しない。

 

軽いスピード勝負にならない事から、比較的6〜8歳の高齢馬による好走例も多いが、こと7歳以上に限ると当年・前年に重賞5着内、もしくはオープン勝ちがある馬しか好走できていない。

 

その観点から買える7歳以上はトーキングドラム1頭のみ。

 

軸は、過去10年間で5番人気内から出現。

 

このゾーンからセレクトしたい。

 

本命はサトノアラジン。

 

前走香港マイルとタフな競馬からのステップもよいし、血統面もリファール・ストームキャット・ニジンスキー系が内包されている。

 

雨で馬場が渋化しても、稍重までなら3戦して3着内100%。重馬場まで進行した場合は未知数だが。

 

穴は柴田善乗り替わりで人気を下げているロサギガンティア。

 

柴田善は馬場渋化時に3回騎乗していて全て3着内に持ってきている穴騎手。

 

父フジキセキは1400mを最も得意とする種牡馬で1998年まで遡っても3着内率はNO.1。

 

他、好走パターン、血統に合致する穴馬ブラヴィッシモとトーキングドラムを指名する。

 

京王杯SCの勝負馬券、および八海山特別の買い目は、人気ブログランキングにて公開中。

 

ランキングが上がれば、その他のメインレースの買い目も今後公開しますので、ご協力お願いします。

 

 

 

| 重賞&G1予想 | - | - | posted by mino -
スポンサーサイト 11:44
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
<< NEW | TOP | OLD>>