競馬CIRCLE厩舎

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
ラジオNIKKEI杯・見解 11:43

阪神2000mで行われる来年のクラシック登竜門レース。

過去にはクラシック戦線を賑わす主役の馬が多数参戦。

昨年はダービー馬キズナも出走。

来年のクラシック戦線を占う重要な1戦となる。

当然、メンバーもハイレベルで好走するにはある程度の格と実力が伴っていなければならない。

最低でも500万特別戦以上のレースで、上がり3位以内&連対歴がなければ太刀打ちできない状況。

他では、新馬勝利後10倍以内の人気に支持された素質馬。

この2パターンが好走要件となる。

また、別角度からの考察としては、この時期の阪神芝コースは、かなりパワーを要する馬場である事が重要。

過去の連対馬の種牡馬を見るとディープインパクト、ネオユニヴァース、フジキセキやロベルト系、ダート血脈が強い傾向。

この血統適性抜群の馬が2頭存在。

1頭は人気馬、もう一頭は穴馬。

どちらも好走要件(詳細は非公開)を満たしていて、血統適性抜群。

一方、このレースの鬼門データは登竜門レースであるからこそ、底割れした馬は用無しとなっている点に注意。今年もこの鬼門データに該当する人気馬がいる。

馬名&鬼門データ=人気ブログランキングにて。

| - | - | - | posted by mino -
スポンサーサイト 11:43
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
<< NEW | TOP | OLD>>