競馬CIRCLE厩舎

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
有馬記念の鬼門データ 01:17

有馬記念は古馬G1シリーズ最終戦で2500mの中山コースで二度の坂越えがあるタフなレースとなる。

余力を残している馬が有利と言われて久しいが、本当に余力を残している馬が有利なのだろうか?

以下はある鬼門データ【0-0-1-29】に該当していたため、この有馬記念で人気を背負いながら惨敗した実力馬たち。

これらが意味するものとは何だろうか?

データは2000年までの集計。

・ナリタトップロード
・エアシャカール
・ヒシミラクル
・ツルマルボーイ
・ゼンノロブロイ
・デルタブルース
・カワカミプリンセス
・メイショウサムソン
・ドリームジャーニー
・オウケンブルースリ
・ジャガーメイル
・ローズキングダム

ご覧の通りそうそうたるメンツ。

これらのバリバリのG1馬があっさり負けるのが有馬記念というレース。

余力ももちろん大事だとは思うが、考えてみるとサラブレッドは生き物であるという事の方が重要ではないか?

生物学上の視点で考察する方が本質に近づけると思うが・・・。

角度を変えると有馬記念の本質が見えてくる。

鬼門データの種明かしは人気ブログランキングにて。

なぜそれが鬼門データになるのか?もっと深く知りたい方は明日の重賞研究レポートのレース展望にて。

| 競馬コ ラ ム | - | - | posted by mino -
スポンサーサイト 01:17
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
<< NEW | TOP | OLD>>