競馬CIRCLE厩舎

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
レースレビュー・アイビスSD 21:32

今週のフォーカスレースは、当初クイーンSを考えていましたが、少頭数の競馬でトリガミの可能性があったことから、アイビスSDへ矛先を変えて勝負した。

今年のアイビスSDは、開幕週ではあったが雨の影響もあってか時計が掛かる馬場で高速馬場とはならなかった。

勝ち時計は54.2秒で例年並みの時計。

勝ったのは1番人気に応えてハクサンムーン。

2着には、3番人気のフォーエバーマーク、3着には6番人気リトルゲルダが入線し、フルゲートだったが配当は堅く収まった。

予想結果は、▲-○-★という結果だったが、皮肉にも参考予想として公開したクイーンSが◎-★-▲で3連単4万馬券の波乱となった。

どちらも激走大穴馬が馬券に絡む活躍だったが、フォーカスレースの方は、予想は当たったものの馬連BOXとした関係上トリガミとなってしまった。

予想プロセスにエラーは少なく、両レースとも分析通りの結果となったが、満足な結果を得る事はできなかった。

最近は推奨馬6頭での決着が多く、昨年、一昨年の夏の比べて格段に的中率、予想精度がUPしているが、これは予想プロセスエラーがどこで起きているかを見極められていることと、レポート形式で予想プロセスの積み上げを行っているためと考えている。

過去2年間の不振要因は、夏競馬ということを意識し過ぎていたことに加え、調教診断の誤りにあった。

サラブレッドは真冬と真夏では異なる調教メニューが組まれている。なぜ調教メニューを変える必要があるのかに気付くまでは予想分析上買える馬をみすみす切ってしまっていた。

今年は、この点に留意して予想公開している為、的中率が飛躍的にUPしている。

また、過去2年のレース分析を更にブラッシュアップできている事も要因の一つ。

最後にお知らせですが、

特別レースの激走大穴馬は、本日を持って廃刊とさせていただきます。

既存会員様にはメルマガ内で告知させていただいていましたが、本業が多忙を極めている事に加え、新規事業を立ち上げる準備に追われていて、ブログの更新にプラスしてメルマガまでは手が回らない状況下にあります。

ただ、成績不振で廃刊する訳ではないので、今後も土曜日は重賞研究レポート内で推奨馬の馬名を公開して参ります。

最終週も激走大穴馬が大活躍しました。

土曜日は、1番人気にはなってしまいましたがラスヴェンチュラスが勝利し、日曜日は8番人気プレノタートが2着に激走し、複勝回収率も120%で着地させる事ができました。

重賞の穴馬も好調で、アイビスSDは6番人気のリトルゲルダを推奨し3着に激走。複勝配当260円をつけました。

圧巻はクイーンSの最低人気・単オッズ79.4倍のスピードリッパーが最低人気を嘲笑うかのような激走をみせ2着に突っ込んできました。

複勝配当は920円。1番人気アイムユアーズとの馬連配当でも6.370円の高配当となりました。

激走大穴馬は、何かに取り憑かれたかのような激走を見せる事がしばしばあります。

これは、各馬のラップ適性とレース分析の賜物と考えています。

来週も、誰にも予想できない穴馬を発掘し皆様の予想のサポートができるよう全力を尽くします。

次週のフォーカスレースは、小倉記念です。

このレースは、小回りローカルのハンデ戦で一見すると小回り適性を重要視したくなるところですが、このレースの本質は別のところに眠っています。

それは、超高速馬場になる事とコース形態特性から来るスパート位置の違いが、単なるローカルハンデ戦とは異質の適性を要求しています。

その適性とは…ヒントを人気ブログランキングにキーワード公開しておきます。


| レースレビュー | - | - | posted by mino -
スポンサーサイト 21:32
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
<< NEW | TOP | OLD>>