競馬CIRCLE厩舎

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
レースレビュー・函館記念 22:11

今週のフォーカスレースは重賞が1鞍しかなかったため、必然的に函館記念を指定。

結果から先に報告すると、▲-注-無で馬連系は的中したものの、○サトノギャラントが3着に粘れず三連系馬券は不的中に終わった。

個人馬券は推奨6頭の馬連BOXで3.590円が的中できた。

三連系馬券は獲れなかったが、連敗を防げた事が幸いだった。

推奨6頭中5頭が上位独占で、鬼門データに該当していた危険な人気馬・エアソミュール(10着惨敗)を切れた事が高回収率に繋がった。

勝ったトウケイヘイローは、トップハンデ【1−0−0−9】でともすると危険な人気馬に見えなくもなかったが、ここからが当方の仮説データ分析の真骨頂。

例外馬の1頭エアエミネムがなぜ勝てたのかを検証するとトウケイヘイローは買わなければならない人気馬である事が浮かび上がる。

この仮説データ分析は、私の本業であるコンビニエンスストアチェーン本部に努める経営指導員だからこそできるもので、見た目のデータに惑わされない考察(仮説)が未来予測に役立っている。

コンビニの発注業務もまさに、この仮説の積み重ねであり、現在主流になりつつあるビッグデータ解析でさえも最終的には仮説なくして解は導き出せない代物でもある。

単なる過去データに頼った思考停止型データ予想ではない事を会員様にはご堪能いただき、予想力UPにご利用いただきたいと願っている。

仮説は当然ながら誤りもある。

仮説が間違っていると、安田記念のように全くの的外れ予想となってしまうのだが、肝心なのは結果が良かったからOKではなく、なぜその結果になったのかの検証が重要だと考えている。

結果検証する事で、何が間違っていたのかを客観的に振り返る事ができるし、その蓄積がノウハウとして予想力UPに寄与することになる。

今回の函館記念は、この結果と中間レポートからやはり底力+スタミナが重要要素だった事が窺える。

トウケイヘイローがトップハンデで勝利した事や、3着のアスカクリチャンが激走した事も上記要素の重要性を物語っている。

2着の穴馬アンコイルドは、好走要件に該当していたが、同時に鬼門データにも該当していた。

その鬼門データとは1枠は過去10年間で【0−0−0−15】という3着すらない完全な鬼門枠。

過去データだけに囚われると、アンコイルド消しという結論しか導けないが、函館記念は昨年から開催時期が早まっている事に加え、土曜日の馬場設定、芝丈、脚質傾向を検証する事で1枠は鬼門枠どころか好材料にもなるのはないかという仮説に辿り着く。

その仮説が嵌っての激走だったと見ている。

次週のフォーカスレースは、人気ブログランキングにてレース名を公開。

このレースは予想を解く上で材料が少ないが、過去の好走馬を1頭1頭検証していくと、このレースの本質というものが見えて来る。

このレースの本質とは…人気ブログランキング


| レースレビュー | - | - | posted by mino -
スポンサーサイト 22:11
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
<< NEW | TOP | OLD>>