競馬CIRCLE厩舎

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
ダービーの予想ポイント 02:00

クラシック最高峰に位置するレースであるため、連対馬はそれなりの実績馬でなければ通用しない。

最低でも重賞勝利歴は必須。

重賞未勝利馬では、連対以上の成績を残す事は困難となる。

過去データ上、1番人気は【6-0-1-3】で勝率60%、複勝率70%と数字上安定しているかに見えるが、最近5年間では、1番人気馬で人気に応えられたのはオルフェーヴルとディープスカイの二頭のみ。

馬場設定の変更が行われている影響とみているが、ここでは詳細説明は省く。

馬連平均配当は1万円を超えており、世間で思われているほど堅くはないレース。

穴馬のパターンは、先行馬と末脚最速馬が握っている。

特に、人気ブログランキングの実績を持つ馬に注意が必要。

理由の詳細は、また会員からクレームが来るのでここでは公開できないが、重賞研究レポートにてレポート公開済み。入会までしなくとも過去の戦績を自分でリサーチすれば見えて来ると思う。

単勝10番人気以下の激走が、10年間で3頭あり内2頭が上記要件に該当。

過去にはボールドエンペラーが単勝14番人気で2着と激走したが、同馬もこの戦績を持っていた。

この手のパターンは、穴に限らず、過去20年前から頻発する好走パターンで、過去には、

ダンスインザダーク、ナリタトップロード、ダンツフレーム、ネオユニヴァース、メイショウサムソン、リーチザクラウン等の人気馬も同じ戦績を保持してダービーで連対している。

仮にダービーで連対できなくとも、その後のG1戦で活躍馬を多数輩出する戦績でもあり、例えばトーセンラーやコンンゴウリキシオー等、古馬G1で連対歴を持つ馬も多数輩出している。

末脚最速馬では、重賞戦で速い上がりを繰り出した事のある馬に注意。

穴はこれらの条件に合致した馬をセレクトすればよいが、狙える領域もオッズ50倍未満。

50倍以上を狙ってもよいが、確率上99%外れる馬券となり、複勝回収率も20%台と全くうま味がないローリスクローリターン馬券となる。

今年は、皐月賞上位馬と、トライアル重賞勝ち馬、穴なら人気ブログランキングの実績を持っている馬、それに上がり上位の末脚で重賞勝利歴のある単勝40倍台以内までの馬を抑えれば馬券的中率はUPする。

トライアル重賞勝ち馬は2頭いるが、トライアル組の取捨は、※1)あるフィルターを通す必要がある。

今年、トライアル重賞勝利馬で買えるのは1頭。

※1)あるフィルター=以前人気ブログランキングで公開済み。その時の事を覚えている方なら必要な方を取捨選択できるはずです。

| 競馬コ ラ ム | - | - | posted by mino -
スポンサーサイト 02:00
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
<< NEW | TOP | OLD>>