競馬CIRCLE厩舎

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
アーリントンC・見解 08:31

コース改修後の07年以降、3回で万馬券が出現しており、波乱傾向となっている。

過去10年間でみても1-2番人気で決着したのは、1回しかない。

阪神開幕週での開催になるが、この時期は芝丈が長いオーバーシードコースでかなりパワーを要する馬場設定となっている。

ラップ面では、最初の1Fと最後の1F以外は全て11秒台の高速ラップが続いていて、スピードの持続力が問われるコースとなっている。

外回りコースが設定された07年以降は、直線が長くなった事で仕掛けが遅れ気味傾向となった。

開幕週と、仕掛けのポイントが変わった事で前残り決着が多発し、内枠を利してスムーズに先行した馬がそのまま残るケースが目立っている。

逃げ・先行馬、内枠馬の好走率が、その事を証明している。

また、タフな馬場で開催される事から、パワー型外国産馬・ダート戦勝利馬の好走率が高い。

一本調子なスピードの持続力とパワーさえあれば勝ち負けできるのがアーリントンCの本質。

更に付け加えると、早熟性が求められるレースでもあり、このレースを好走した馬の多くは成長力に疑問府がつく。クラシックというよりNHKマイルCの前哨戦的意味合いが強い。

狙いは、早熟性という観点から・・・

◆夏競馬で勝利を挙げていた馬
◆2歳重賞連対歴

芝外回り条件から・・・

◆新潟・東京、京都、阪神外回り戦勝利歴
※特に夏の新潟1600m戦を勝利していた馬は特注。

パワー&スピードの持続力の観点から・・・

◆外国産馬
◆ダート戦勝利歴(芝実績必須)

開幕週という観点から・・・

◆逃げ・先行馬
◆3枠以内の内枠馬

臨戦過程は・・・

◆シンザン記念
◆朝日杯

前走、距離は・・・

◆1400〜1800mまで(クラシックに直結しない短距離路線が理想)

鬼門データとなるのは、前走、新馬・未勝利戦組。

完成度と早熟性が求められるレースで、前走未勝利、新馬では完成度の点で見劣る。

【1-0-0-16】(過去10年)

勝利歴はビッグプラネットのみ。

ちなみにビッグプラネットは、好走率の高い逃げ馬であり、逃げ切り勝ちだった。

これらを総合的に勘案すると、本命候補は●●●と●●●の二頭に行きつく。

この二頭の父はクラシックで連対歴のある早熟性を持った血統背景を持っている。

07年以降の3着内好走馬の90%以上の父は2・3歳G1連対歴を持つ早熟性を備えた馬か、外国産馬だった。

両馬の父は2・3歳G1連対歴があり、外国産馬(1頭は持ち込み)だった。

早熟性という観点からも狙いに合致する。

相手は、コパノリチャード、タガノエンブレム、テイエムイナズマ、レッドアリオン、レッドジャイヴ。

本命候補の2頭●●●=人気ブログランキングにて公開中。

| - | - | - | posted by mino -
スポンサーサイト 08:31
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
<< NEW | TOP | OLD>>