競馬CIRCLE厩舎

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
レースレビュー 06:34

先週は三連休で、中央競馬は変則3日間開催。

3連続開催で重賞は日祝の2日間2レースのみ、しかも祝日は地上波でのレギュラー中継はなしにも関わらず菊花賞トライアルG2セントライト記念が組まれる意味不明な番組構成。

JRAはほんとうに馬券を売る気があるのかと疑いたくなる。

なぜ、3日連続で重賞番組を組まないのか?なぜ土曜日に芝重賞を一鞍も組まないのか?

今年から新設されたサマーマイルシリーズも全く盛り上がらない内に幕を閉じたが、番組構成に構造上の問題がある。

この点を是正するところから馬券売上対策が始まる。

日曜日は秋華賞トライアルのローズS。

二冠馬ジェンティルドンナが、他を寄せ付ける事のない強さを発揮して圧勝した。

2着にも桜花賞・オークスの2着馬ヴィルシーナが入線し、3歳牝馬戦線は春の勢力図のままである事が改めて証明されたかたち。

3着には、夏の上がり馬ラスヴェンチュラスが秋華賞切符を手にしたが、上位馬とは差があったか。

紫苑Sも春の実績馬パララサルーが勝っており、これもやはり春に活躍していた実績馬だった。

秋華賞トライアルは全て終了したが、本番はローズS上位馬と紫苑S勝ち馬、これに夏の牝馬重賞クイーンSを勝ったアイムユーアズが加わる戦いとなるだろう。

しかし、狙っている穴馬がいるので、何とか出走にこぎ着けて欲しいと思う。

月曜日は菊花賞トライアル・セントライト記念。

勝ったのはフェノーメノで鞍上は、このレースで重賞100勝目が懸っていた蛯名騎手。

早目先頭から抜け出し見事、JRA重賞100勝を達成した。

2日間でサンデーレーシングが東西重賞を制覇。

仏のフォワ賞では、オルフェーヴル(サンデーR所属)が勝利し凱旋門賞に向けて好発進を切った。追い出してから反応が鈍かったのは太目が残っていたからなのか?ロンシャンのフォルスストレートがマッチしなかったのか?

まさに先週はサンデーレーシング祭りで、売れ残り関東入厩馬の販促キャンペーンウィークとなった。

先週の馬券の肝は、クラブ馬の販促キャンペーンにあった。

試験配信している大穴激走馬も、土曜日、阪神9R甲武特別では、単勝5番人気ラブラドライトも同様の理由からの穴推奨だった。結果は3着340円の複配当。

今週も特別レースの激走大穴馬は3頭推奨1頭激走で、複勝回収率119%での着地となった。

月曜日の仲秋Sも4番人気ウエストエンド推奨の予定がイチオクノホシがこちらに回って来た事から推奨取消。結果3着と激走し複配当は300円ついたわけだが、イチオクノホシとはタイム差なしハナ差だった事から、この推奨取消は正解だったと思う。イチオクノホシは馬群の中でもがいていて、騎手の明らかな乗りヘグリ。まともだったらウエストエンドが4着に負けていただろう。

次週のフォーカスレースは、菊花賞トライアル神戸新聞杯。ワールドエース、トーセンホマレボシが屈腱炎で戦線離脱。ダービー馬ディープブリランテは帰国緒戦で菊花賞直行となった事から、ゴールドシップが人気を被る形。実績馬が手薄なので夏の上がり馬による一発が期待できるレースになると見ている。

1週前調教レポートは、重賞研究レポートにて公開済み。

人気ブログランキングでは、1週前段階で明らかな仕上がり途上の人気馬を公開中。1週前で+20kg以上太い点もマイナス材料。

| レースレビュー | - | - | posted by mino -
スポンサーサイト 06:34
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
<< NEW | TOP | OLD>>