競馬CIRCLE厩舎

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
ローズS・馬体診断 09:14

ローズSの馬体面からの推奨は、3頭。

有力処の一翼を担うオークス好走馬は順調に来ている。

穴目では、切れ味抜群の関東の刺客が波乱を呼ぶと見ている。

▼ヴィルシーナ
├仕上がり度:5.0点
├胸前の深さ:1.0点
├トモの容積:1.0点
├筋肉量:0.5点
├トモの張り:0.5点
├皮膚の薄さ:0.5点
├柔軟性:0.5点
└合計点数:9.0点

休み明けの割に好仕上がり。春からの成長という点では物足りないが、元々完成度の高かった馬なので、問題視する必要はない。前後躯にはビッシリ実が詰まっていて、牧場でかなり乗り込まれて来た事を窺わせる。母系からスピードの持続力とスタミナに秀でたタイプで、純粋な切れ味勝負より、自力先行して押し切る競馬の方がマッチする。オークスはジェンティルドンナに5馬身差を付けられたが、溜めて切れるタイプではないだけに、乗り方にも問題があった。積極的に早目先頭から押し切る競馬を期待。

▼●●●
├仕上がり度:5.0点
├胸前の深さ:1.0点
├トモの容積:1.0点
├筋肉量:0.5点
├トモの張り:0.5点
├皮膚の薄さ:0.5点
├柔軟性:0.5点
└合計点数:9.0点

ヴィルシーナとは対照的に切れ味に秀でたタイプ。胸前も深く、心肺機能に優れているので本質は2000m以上の競馬での切れ味勝負が得意なタイプ。前走の準OP戦では得意ではない1400mで直線だけの競馬で3着まで追い上げて来ていて、能力的にここでもやれる事は前走で証明した。ヴィルシーナが早目に抜け出しを図るところを外から差し切るイメージの競馬なら一発大物食いがある。

▼ジェンティルドンナ
├仕上がり度:4.0点
├胸前の深さ:1.0点
├トモの容積:1.0点
├筋肉量:0.5点
├トモの張り:-
├皮膚の薄さ:-
├柔軟性:0.5点
└合計点数:7.0点

馬体的に典型的なマイラー。適距離はマイル以下が合うが、オークスは絶対能力の違いで圧勝した。ゴムまりのような筋質をしているので、ギリギリまで溜めて直線で弾かせる競馬なら前走のような競馬も可能。ただ、今回は1週前段階でかなり太目が残っている。皮膚も二枚ほど厚く、腹回り、腰回りには余分な脂肪がたっぷり乗っている。最終追い切り後にどこまで絞れて来るか。1週前段階で+20kg程太い。

【総論】
牝馬の総大将ジェンティルドンナが1週前段階でかなり太いので、他馬に付け入る隙は十分と考えられる。

筆頭格はヴィルシーナ。同馬は春先までは線の細さがあったが、実が入りが良くなっている。20kg程増えているという話もあるが、筋肉量が増した事での馬体重増なので問題ない。

穴では、切れ味を最大限に活かす事が可能なら●●●の大駆けがあるとみている。

●●●=馬名を人気ブログランキングにて公開中。

人気ブログランキング応援支持が高ければ、次回は金曜日にセントライト記念(非フォーカスレース)のレース展望を公開します。

| 馬体チェック | - | - | posted by mino -
スポンサーサイト 09:14
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
<< NEW | TOP | OLD>>