競馬CIRCLE厩舎

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
京成杯AH・見解 10:30

昨日の中山芝は、時計で例年比▲1.7秒、上がり平均が34.7秒だった。

今回、逃げるのはスペシャルハート。

Hペースの逃げ馬で、馬場補正を掛けて想定ラップを割り出すと以下の通りとなる。

【京成杯AH・想定ラップ】
前3F:34.0秒
中5F:57.0秒
後3F:34.9秒
時計:1分31秒9

上がりは35秒前後掛かる、Hペースの消耗戦となる見通しで、先行馬が残るにはそれなりの底力が必要になる。

ちなみに、昨日の中山も、展開次第で外差し可能な馬場だった。

狙いは、1分31秒台の高速決着にも対応できる差し馬を中心視したい。

中でもスピリタスは、持ち時計もあり、中山コース実績もある。

サマーマイル最終戦となる同レースで、勝てばチャンピオン資格を得る。

馬主はキャロットF。1歳馬の募集が始まっていて、先週はサマー2000シリーズを同クラブ所属のトランスワープが制して販促活動が成功している。

今年の、キャロットF募集馬は、比較的高額の良血馬が多く、依然の安価なイメージから一つ上のクラスを目指した募集馬ラインナップとなっている。

今回のスピリタスは、鞍上内田博の手替りで勝負懸り。キャロットF販促活動を兼ねて、本気でこのレースを獲りに来ているものと推察される。

他では、同じくサマーマイル王に王手を掛けたエーシンリターンズに注目。

今年、エーシン軍団はサマースプリントを中心に数多くの玉を用意したが、今のところ結果を残しているのは同馬だけになる。

昨年はエーシンヴァーゴウがサマースプリント王に輝いたが、今年サマーチャンプの可能性を残すのはエーシンリターンズ1頭のみとなった。元々、サマーシリーズに積極的な馬主なので、参加するだけの競馬では終わらないだろう。

中山も阪神同様に野芝開催。

相手は、野芝実績の中でも新潟実績の高い馬に注目している。新潟コースを先行して少しタレるような馬は中山での激走率が高い。

京成杯AHの個人馬券は、=人気ブログランキングにて公開中。

| - | - | - | posted by mino -
スポンサーサイト 10:30
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
<< NEW | TOP | OLD>>