競馬CIRCLE厩舎

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
レースレビュー 07:06

エプソムCは、稍重想定だったが、思いのほか馬場の乾きが早く、良馬場での開催となった。

勝ったのは、初重賞制覇となった1番人気トーセンレーヴ。

2着には、2番人気ダノンシャーク。

3着は、馬場のインを回った15番人気の人気薄マイネルスターリー。

トーセンレーヴは、スタートからウィリアムズ騎手は先手を主張したかったようで、一旦はハナに立つ競馬で道中は2〜3番手を追走。

ペースは良馬場時の平均値で5F59秒台のMペース。

人気馬が後方からの馬が多かった事を加味して先手を主張する辺りは、さすがの騎乗だった。ウィリアムズ騎手のファインプレーもあり、トーセンレーヴは初重賞制覇を成し遂げた。

これで母の産駒5頭目の重賞ウイナーとなった。

2着のダノンシャークは道中はトーセンレーヴを視野に入れながらの競馬だったが、直線入り口で先行集団から離された点が痛かった。

3着のマイネルスターリーは、内枠の先行馬。

コースロスを最小限に留めた競馬で3着と激走した。

良馬場に乾いているのだから、荒れていたとしても比較的インコースは伸びる馬場だったのではないだろうか。

馬群が外に固まった逆を突いての3着好走は、その事を如実に物語っている。

今週土日の予想は最悪で、フォーカスレースも激走大穴馬も不発に終わってしまった。

激走大穴馬は、好走率としては2割程度である事、1回辺りの平均配当が複勝500円程度である事などを踏まえると、10頭も推奨すべきではない事に気付かされる。

次回は、提供レースを絞り込み、無理な穴狙いは避けるよう、予想を修正したい。

ちなみに、土曜日の複勝回収率は84%で、日曜日の単勝回収率は100%を超えたが、複勝回収率は32%という最悪の予想だった。

フォーカスレースは、本命馬ダノンシャークは2着に来てくれたが、トーセンレーヴを馬場悪化で上がり適性なしと判断し、消していたので不的中。

次週は、結果を残せるように全力を尽くします。

何とか、良い形で宝塚記念に繋げたいと思っているので、次週は、激走大穴馬も含め提供するレース全てが勝負レースです。

次週のマーメイドSは、荒れる牝馬限定のハンデ戦です。

攻めの予想で、高配当を狙いに行きます。

マーメイドS1週前調教レポートは、本来なら月曜20時に公開予定ですが、今週は既に公開済みです。

会員の皆様は、重賞研究レポートよりご覧になって下さい。

エプソムCは、調教診断S評価のダノンシャークが2着と激走。

今年に入って22レースのフォーカスレースを提供しましたが、実は1週前時点の好調教馬から勝ち馬が出る確率が高く、22レース中10レースで勝ち馬が出現しています。

春天のビートブラック、フェブラリーSのテスタマッタ等の穴馬の1週前好調教馬に該当する馬達でした。

1週前調教が重要なのは、最終調教だけではなく、その馬の調教メニューから勝負度合いを見極めているからに他なりません。

マーメイドSの好調教馬は、全4頭です。

最優秀調教馬は、人気ブログランキングにて馬名を1頭公開中。


| レースレビュー | - | - | posted by mino -
スポンサーサイト 07:06
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
<< NEW | TOP | OLD>>