競馬CIRCLE厩舎

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Vマイル・馬体診断 07:21

Vマイルの馬体面からの推奨は3頭。

この3頭は甲乙付け難い。馬体診断コーナー始まって以来の3頭が横並び評価。

この中から勝ち馬が出る可能性が高い。

推奨馬
├仕上がり度:5.0点
├胸前の深さ:1.0点
├トモの容積:1.0点
├筋肉量:0.5点
├トモの張り:0.5点
├皮膚の薄さ:0.5点
├柔軟性:0.5点
└合計点数:9.0点

体型はステイヤー資質の強かった父とは違い胴詰まり気味の体型なのでマイルがベスト。マイル戦に限っては10戦6連対の好成績でこの距離で最も力を発揮している。今回はギリギリの仕上げという事ではなく、皮膚一枚余裕を残したふっくら仕上げ。馬体重変動の激しい馬ではあるが、今回は高いレベルで状態が安定している。充実の5歳を迎え、馬体的にも完成されていて大きいところが狙える位置に来ている。ポテンシャルは間違いなくG1級。先行しての持久力に長けたタイプで、先行馬有利な馬場・流れになれば大駆けがある。

推奨馬
├仕上がり度:5.0点
├胸前の深さ:1.0点
├トモの容積:1.0点
├筋肉量:0.5点
├トモの張り:0.5点
├皮膚の薄さ:0.5点
├柔軟性:0.5点
└合計点数:9.0点

前走では、やっとこの馬らしさが見え隠れしていたが、この馬は皮下脂肪が付きやすいタイプなので、ベスト体重は440kg〜450kg台前半。これを上回って来ると、この馬本来の切れが発揮できなくなる。今回は一見するとヒ腹が巻き上がり細く映るが、この馬は細く見せる時の方が切れ味が最大になる。切れ味が要求される展開になれば最右翼の存在。

推奨馬
├仕上がり度:5.0点
├胸前の深さ:1.0点
├トモの容積:1.0点
├筋肉量:0.5点
├トモの張り:0.5点
├皮膚の薄さ:0.5点
├柔軟性:0.5点
└合計点数:9.0点

この馬の走る時のパターンは、トモと胸前の筋肉量が関係している。全身運動で全ての筋肉を無駄なく使う為、筋肉量と成績が正比例の関係を持っている。トモに張りがない時は全く能力を発揮できない。近二走がそういう状態で、二走前はかなり激戦の疲れが出た状態で萎んだ最悪の状態だった。前走は萎んだ馬体を膨らます事に注力した仕上げで、今回は膨らんだ馬体の無駄肉を削ぎ落とす調整に終始している。かなり上積みが見込める状態なので、今回はこの馬本来の能力が発揮できると見込んでいる。

【総論】
今回は、3頭が9.0点と横並びで高評価となった。この3頭は甲乙付け難く、展開や枠順、乗り方一つで着順が変化するものと見ている。世間一般では大混戦と見られている今年のヴィクトリアMではあるが、馬体面からは上記3頭が突出している。これらの3頭が女王アパパネに引導を渡せるかが、このレースの見どころの一つ。

推奨馬 銑=人気ブログランキングにて馬名公開中。


【他有力馬・馬体チェック】
詳細=重賞研究レポートにて公開中。

| 馬体チェック | - | - | posted by mino -
スポンサーサイト 07:21
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
<< NEW | TOP | OLD>>