競馬CIRCLE厩舎

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
秋華賞・出走馬寸評 14:27

土曜日の馬場傾向は、馬場悪化の影響はあったが、例年比で上がり時計▲0.5秒程度速い馬場。

良馬場だったら高速時計が連発していたことだろう。

想定時計は、明日の天候次第ではあるが、土曜日の馬場傾向を踏襲するかたちで算定したい。

逃げるのはメモリアルイヤー。

1200m戦を前半32秒台で逃げた事のある快速馬で、今回も逃げの一手だろう。

【想定ラップ】
前3F:34.8秒
中5F:58.6秒
後3F:35.5秒
時計:1分58秒6

後3F-前3F=+0.7秒(持久戦)

メモリアルイヤーが飛ばす事と、雨の影響で前掛かりの展開になれば、必然的にHペースとなる様相。

前半から速い流れになる事と、土曜日の外差しも決まる馬場という事を加味すると、狙いの脚質は、4角7番手前後から上がり35.0秒以内の脚が使えるタイプとなる。

土曜日の血統傾向にも特色があり、ニジンスキー・リファール血脈を持った馬が最多の馬券圏内率で、次いでグレイソブリン系(トニービン)・ヌレイエフ・ロベルト・ボールドルーラー系の順となっている。

比較的、スタミナ色の強い血脈が上位を占めていて、この時期活躍するノーザンテースト、プリンスリーギフト系が不発となっていた事からスピードの持続力よりスタミナ値が問われる馬場となっている。

勝つのは、●●●か●●●のどちらかで、血統適性抜群の●●●まで加えた3頭の競馬というのが結論。

府中牝馬Sの予想は、、、

◎●●●から5.7.4.13.3.6へ

●●●は、人気ブログランキングにて。

秋華賞の最終結論は、重賞研究レポートにて。

| 出走馬・寸評 | - | - | posted by mino -
スポンサーサイト 14:27
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
<< NEW | TOP | OLD>>