競馬CIRCLE厩舎

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
セントウルS・馬体診断 12:01

サマースプリント最終戦となるセントウルSは、阪神芝1200mを使用して行われる。

セントウルSはサマーシリーズ最終戦ではあるが、スプリンターズSを目指す有力馬達の始動戦でもある。

このコースには、ある特徴があって、その特徴を掴んでいると、買い馬を絞り込める。詳細はラップ分析で公開するが、ここでは馬体面からの特徴を二つ挙げておきたい。

一つ目はトモ尺の面積。

もう一つは前傾体型。

トモ尺の大きさは=スピードの絶対値を表し、前傾体型=重心が前にある事の裏返しで、テンのダッシュ力、言い換えれば先行力の秀でた馬となる。

過去の好走馬のほとんどが、この体型的特徴を持っていた。

これらの系統にマッチする馬体を持っているのは下記3頭。


馬名は人気ブログランキングにて公開中。


推奨馬



推奨馬



推奨馬

| 馬体チェック | - | - | posted by mino -
スポンサーサイト 12:01
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
<< NEW | TOP | OLD>>