競馬CIRCLE厩舎

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
新潟2歳S・出走馬寸評 08:21

土曜日の馬場設定は、上がり時計では例年より速いが、勝ち時計は平均値。

最終週になるが、大外が伸びる訳ではなく、馬場の真ん中寄りの箇所が一番コースロスを最小限度に留める事ができ、好走率が高いゾーンとなっていた。

フルゲート18頭なので、ペースが落ち着く可能性は低く、道中ラップ、勝ち時計は例年の平均値をベースに予想構築したい。

【想定ラップ】
前3F:35.5秒
中5F:60.3秒
後3F:34.3秒
時計:1分34秒6

後3F-前3F=▲1.2(瞬発戦)

脚質面では、4角8〜10番手以内で、上がり34.0秒未満の高速上がりに対応できるタイプを中心に狙いたい。

また、土曜日は大外枠が大不振。

人気馬も多数いたが1頭も馬券に絡む事がなかった。

したがって、8枠馬は割引いて考えたい。

今回のラップ適性診断は、キャリアの浅い若駒なので、適性を完全に露呈しているとは言い難い。その為、前走のレース内容と、今回の想定ラップとを比較したジャッジとなっている。

そんな中でラップ適性高適性馬は2頭。

馬名は人気ブログランキングにて。

1枠.瀬蹇璽優
├ペース適性:B
上がり適性:A
脚質適性:B
├総合判定:B
【寸評】
前走は、▲1.1秒の瞬発戦を先行集団から抜け出してメンハ゛ー2位の上がりを記録。2着は小倉2歳Sに出走するエピセアローム。3着以下は4馬身離れていて、2頭の能力が抜けていたものと思われる。エピセアロームはその後の未勝利戦で6馬身差の圧勝。

1枠▲縫魁璽襯丱蹇璽
├ペース適性:C
上がり適性:C
脚質適性:C
├総合判定:C
【寸評】
前走は小倉1200mで+3.3秒の消耗戦を4角から一捲り。上がりはメンバー最速で余力残しで勝っている。Hペースの消耗戦になり易いコースであり、新潟2歳Sより小倉2歳Sの方へ出走した方が適性は高かった。前走のレース振りから生粋のスプリンターである可能性が高い。

2枠ヴュルデバンダム
├ペース適性:B
上がり適性:A
脚質適性:B
├総合判定:B
【寸評】
前走は新潟1800m戦。前走1800m戦をステップに新潟2歳Sを連対した馬はいない。前走のペースは、5F64秒で上がり33.8秒という超スロー。完全前残りのレースを4角13番手から直線一気。上がり33.0秒はメンバー最速。レース振りを見る限り、スローを急加速できるのでステイヤー資質が高いタイプか。中距離戦線で活躍していた母と、父ダンスインザダークの配合なのでその可能性濃厚。入れ込む癖がある為、当日はゲートまでメンコを装着して臨む。

2枠ぅ瀬鵐好ぅ鵐競泪漾
├ペース適性:-
上がり適性:-
脚質適性:B
├総合判定:-
【寸評】
前走の新潟1400m戦は負けていて、二走前の新馬戦は千直競馬の為、適性は計りかねる。前走は前が詰まった事が敗因。右にモタれる悪癖がある為、口向きを矯正する為、馬具を変更して臨戦して来る。

3枠ゥ縫鵐献
├ペース適性:A
上がり適性:B
脚質適性:B
├総合判定:B
【寸評】
前走は阪神1400m戦。1400m戦の割にスローペースで新潟2歳Sに近いラップを先行して、メンバー最速の上がりで勝利している。二戦目となり掛かり癖を出さなければ。父グラスワンダーは、2歳チャンプ。早熟の気があり、産駒は2歳戦からスピードを生かした競馬ができる。

3枠Ε▲疋泪ぅ筌螢蝓璽
├ペース適性:B
上がり適性:A
脚質適性:B
├総合判定:B
【寸評】
前走は新潟1600m戦。ペースは新潟2歳Sよりスローで、5F62秒、上がり34.8秒のスローで上がりが掛かるレースだった。前走は追い切りが不足した中での競馬で、能力だけで勝っている。叩いた上積みは大きいだろう。父フジキセキ、母父ディンヒルは新潟2歳Sでの好走が高い血脈。血統適性が高いのは大きなアドバンテーシ゛。前走と同じ位置取りからでは厳しいので、内枠を利して中団から前で競馬ができれば一発あるだろう。

4枠Д薀侫譟璽坤フェ
├ペース適性:A
上がり適性:C
脚質適性:C
├総合判定:C
【寸評】
前走の新潟1400mはペースはマッチするが、前後半3F差+1.6の完全消耗戦。この流れを4角先頭から押し切った競馬内容は濃いが、その後先行集団にいた馬は1頭も勝ち上がっていない。レースレベルに疑問符がつく。

4枠┘魯奪轡絅疋函璽
├ペース適性:C
上がり適性:A
脚質適性:B
├総合判定:B
【寸評】
前走は鬼門となっている新潟1800m戦。5F64秒台はヴュルデバンダムの1800m戦と同じレースの流れ。上がり時計はこちらの方が遅く34.1秒。脚質面に自在性があるのはハッシュドトーンの方で先行できる点は強み。母父カルドゥーンは早熟型で、92年・95年に仏で2歳リーディングサイヤーに輝いている。

5枠フィロパトール
├ペース適性:B
上がり適性:C
脚質適性:C
├総合判定:C
【寸評】
前走は新潟1200m戦。前後半ラップ差+1.3秒の消耗戦で上がりの掛かるレース内容だった。新潟1200mから臨戦して唯一の好走例は08年の最低人気で2着したツクバホクトオー。ツクバのレース内容は前後半ラップ差-0.8秒で、上がり3F中に10秒台の高速ラップが含まれていた。同じコースで臨戦するフィロパトールとは、レース内容がかなり異なる。レースの流れに乗れるかが課題。逃げ馬の成績もよくないが、昨日は逃げ馬の好走が目立った。追い切りでは大きなトビで物見しながら走っていたので、距離は延長は対応可能。

5枠モンストール
├ペース適性:A
上がり適性:C
脚質適性:B
├総合判定:B
【寸評】
前走は新潟1400m戦。ペース適性は高いが、上がり時計が掛かるレースで今回の想定ラップと直結しない。【指標C】該当馬であるが、自身の上がりが35.1秒。このカテゴリ該当馬の平均上がりは34秒台前半で、35秒台で好走した例は、02年のワナまで遡らなければならないし、当時ワナは同じ1400m戦でも新潟ではなく、阪神からの臨戦だった。急坂のある阪神コースで上がりが掛かるのは当然。

6枠ジャスタウェイ
├ペース適性:B
上がり適性:A
脚質適性:B
├総合判定:B
【寸評】
前走の新潟1600m戦は、負かした相手3頭が勝ち上がり2頭がその後連対、1頭が3着とメンバーレベルの高い新馬戦だった。そのレースで、ムチ1発、直線残り100mは完全に流したレース振りで2着馬に5馬身差の圧勝劇を演じたジャスタウェイは次元の違う走りだった。子供の中に一頭大人が混じっていた印象を持った。ダーヒ゛ー馬オルフェーヴルは同じコース、同じラップで上がり33.4秒。本馬は上がり33.3秒。スケールの大きさを感じさせるレース振り。

6枠プレノタート
├ペース適性:A
上がり適性:A
脚質適性:B
├総合判定:A
【寸評】
新馬戦の京都1400mでは、新潟2歳Sに近いラップを経験。ラップバランス的に今回に通づるものがある。そのレースで先行してメンハ゛ー最速の上がりとなる34.5秒で纏めて来た。前走のダリア賞は、直線勝負処で外からフタをされて、馬場の悪いインに閉じ込められた事が敗因。

7枠トウケイヘイロー
├ペース適性:C
上がり適性:C
脚質適性:C
├総合判定:C
【寸評】
前走はHペースの消耗戦。上がり時計も掛かっていて、瞬発力が要求される今回のラップとは相反する。

7枠クイーンアルタミラ
├ペース適性:B
上がり適性:B
脚質適性:A
├総合判定:B
【寸評】
前走は中山1600m(稍重)。上がりが掛かったのは馬場悪化の影響。特筆点は上がり時計。12.2-11.6-11.6の尻上がり持続ラップ。中山のマイル戦ではあまり出現しないラップで、この流れを7番手からメンバー最速となる34.6秒で差し切った内容は秀逸。

7枠ヒシマーベラス
├ペース適性:A
上がり適性:B
脚質適性:A
├総合判定:A
【寸評】
3戦連続メンバー最速の上がりを記録していて、前走は新潟1800m戦。このステップは鬼門ではあるが、レース内容は前半3F35.2秒、5F60.8秒、上がり3F35.1秒で上がり以外は、新潟2歳Sのラップに近い。最終追い切りでミソを付けたが、状態さえ万全なら激走があっても驚けない。

8枠哀瓮ぅ轡腑Ε魯クレ
├ペース適性:C
上がり適性:C
脚質適性:B
├総合判定:C
【寸評】
小倉1200mOP勝ちがあるが、Hペース消耗戦でラップバランスが合わない。間隔を詰めての長距離輸送を繰り返しており、体調管理を維持した中での仕上げは至難。

8枠吋リッピングエリア
├ペース適性:B
上がり適性:C
脚質適性:A
├総合判定:B
【寸評】
前走は上がり35秒台のレースで、上がり3F中1Fのみが高速ラップ。新潟2歳Sは2F連続で高速ラップが出現する特徴があるのでアンマッチ。8枠も鬼門枠となっている。

8枠殴蹈奪愁灰襯
├ペース適性:B
上がり適性:C
脚質適性:B
├総合判定:B
【寸評】
鬼門枠となる8枠に加え、完全に死に枠と化している大外枠。


【ラップ適性上位馬】
◆プレノタート・A
◆ヒシマーベラス・A

| 出走馬・寸評 | - | - | posted by mino -
スポンサーサイト 08:21
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
<< NEW | TOP | OLD>>