競馬CIRCLE厩舎

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
新潟2歳S・重賞レイティング 06:43

昨日の馬体診断でも触れた通り、新潟2歳Sは、スピードの持続力or瞬発能力が問われるレースである事から、デビュー戦でどういうレースで勝ち上がって来たかが重要。

レイティングでも、デビュー戦を中心に格付けを行いたい。

特に今年はオープン特別を勝って参戦してくる馬はメイショウハガクレ1頭のみ。

そのメイショウハガクレも本来なら小倉のフェニックス賞を勝っている事から小倉2歳Sに向かうところを、小倉はメイショウダビンチに任せて、手薄な新潟に回って来た経緯がある。

これには厩舎絡みの事情もあるが、いづれにしても今年は低調なメンバー構成。

デビュー戦のレベル把握が必須。

レイト1位の●●●は、7/23新潟の新馬1600mで5F62.7秒、上がり33.4秒のレースを先行してメンバー最速タイの33.3秒で差し切った。新潟1600m新馬戦の平均タイムは、1分36秒1。5Fラップが62.2秒、上がり34.7秒なので、平均を大きく上回っている。上がり33秒台は、古馬オープンクラスの平均値。抜け出して余裕のある勝ち方は上位クラスでも通用する下地を備えている。

2位の●●●は、6/26阪神の新馬1400mで上がりが全て11秒台のMペースを、馬ナリで先頭に立ちムチなしで圧勝。能力は高い。レースレベルも高く、古馬500万クラス並みのラップ、時計に匹敵する。

3位クイーンアルタミラは、6/19中山の新馬1600m(稍重)で5F61.9秒、上がり35.4秒の前残りレースで、4角7番手からメンハ゛ー最速の上がりを使って勝っている。ラスト1Fの脚に非凡な瞬発能力が見て取れる。レースの上がりは12.2-11.6-11.6の持続ラップを差し切った。

●●●は、人気ブログランキングにて公開中。

1位〜6位までの詳細レポートは、重賞研究レポートにて公開中。

先週の新潟記念は、レイト6位以内で決着し、三連単10万馬券が飛び出した。

札幌記念はレイト1〜3位での決着。

| 重賞レイティング | - | - | posted by mino -
スポンサーサイト 06:43
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
<< NEW | TOP | OLD>>