競馬CIRCLE厩舎

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
単勝1本被りの土曜重賞 13:24

JUGEMテーマ:競馬

 

行楽日和のこんな日は馬券買うより家族で出掛けたほうがよいです。

 

単勝1倍台の馬が中山・阪神に登場して、正直買う気ゼロです。

 

飛べば高配当を少点数で仕留められるので、逆張り派にはおススメですが。。。

 

両レースで穴として狙いたい馬は、人気ブログランキングに掲載中です。

 

日経賞は、USAダート血脈が活躍するレース穴2頭はこの血統を母系に持っています。

 

先に名前を挙げた馬は、オッズ的にも期待値の高い数値を示しています。関係者買いですかね?

 

毎日杯は、先に名前を挙げた馬は穴馬ですが、本命視しても良いくらい買い材料が揃っています。

 

二頭出しですが、この鞍上が乗った場合の勝率・複勝率・回収率が群を抜いています。

 

名前的に人気になり難い騎手で、この馬の戦績も地味なので妙味が高いです。

 

明日は高松宮記念です。こちらに全力投球ですね。今日は人気ブログランキングで挙げた穴馬から少額買ってみます。

 

 

| 競馬コ ラ ム | - | - | posted by mino -
有馬記念の鬼門データ 01:17

有馬記念は古馬G1シリーズ最終戦で2500mの中山コースで二度の坂越えがあるタフなレースとなる。

余力を残している馬が有利と言われて久しいが、本当に余力を残している馬が有利なのだろうか?

以下はある鬼門データ【0-0-1-29】に該当していたため、この有馬記念で人気を背負いながら惨敗した実力馬たち。

これらが意味するものとは何だろうか?

データは2000年までの集計。

・ナリタトップロード
・エアシャカール
・ヒシミラクル
・ツルマルボーイ
・ゼンノロブロイ
・デルタブルース
・カワカミプリンセス
・メイショウサムソン
・ドリームジャーニー
・オウケンブルースリ
・ジャガーメイル
・ローズキングダム

ご覧の通りそうそうたるメンツ。

これらのバリバリのG1馬があっさり負けるのが有馬記念というレース。

余力ももちろん大事だとは思うが、考えてみるとサラブレッドは生き物であるという事の方が重要ではないか?

生物学上の視点で考察する方が本質に近づけると思うが・・・。

角度を変えると有馬記念の本質が見えてくる。

鬼門データの種明かしは人気ブログランキングにて。

なぜそれが鬼門データになるのか?もっと深く知りたい方は明日の重賞研究レポートのレース展望にて。

| 競馬コ ラ ム | - | - | posted by mino -
ダービーの予想ポイント 02:00

クラシック最高峰に位置するレースであるため、連対馬はそれなりの実績馬でなければ通用しない。

最低でも重賞勝利歴は必須。

重賞未勝利馬では、連対以上の成績を残す事は困難となる。

過去データ上、1番人気は【6-0-1-3】で勝率60%、複勝率70%と数字上安定しているかに見えるが、最近5年間では、1番人気馬で人気に応えられたのはオルフェーヴルとディープスカイの二頭のみ。

馬場設定の変更が行われている影響とみているが、ここでは詳細説明は省く。

馬連平均配当は1万円を超えており、世間で思われているほど堅くはないレース。

穴馬のパターンは、先行馬と末脚最速馬が握っている。

特に、人気ブログランキングの実績を持つ馬に注意が必要。

理由の詳細は、また会員からクレームが来るのでここでは公開できないが、重賞研究レポートにてレポート公開済み。入会までしなくとも過去の戦績を自分でリサーチすれば見えて来ると思う。

単勝10番人気以下の激走が、10年間で3頭あり内2頭が上記要件に該当。

過去にはボールドエンペラーが単勝14番人気で2着と激走したが、同馬もこの戦績を持っていた。

この手のパターンは、穴に限らず、過去20年前から頻発する好走パターンで、過去には、

ダンスインザダーク、ナリタトップロード、ダンツフレーム、ネオユニヴァース、メイショウサムソン、リーチザクラウン等の人気馬も同じ戦績を保持してダービーで連対している。

仮にダービーで連対できなくとも、その後のG1戦で活躍馬を多数輩出する戦績でもあり、例えばトーセンラーやコンンゴウリキシオー等、古馬G1で連対歴を持つ馬も多数輩出している。

末脚最速馬では、重賞戦で速い上がりを繰り出した事のある馬に注意。

穴はこれらの条件に合致した馬をセレクトすればよいが、狙える領域もオッズ50倍未満。

50倍以上を狙ってもよいが、確率上99%外れる馬券となり、複勝回収率も20%台と全くうま味がないローリスクローリターン馬券となる。

今年は、皐月賞上位馬と、トライアル重賞勝ち馬、穴なら人気ブログランキングの実績を持っている馬、それに上がり上位の末脚で重賞勝利歴のある単勝40倍台以内までの馬を抑えれば馬券的中率はUPする。

トライアル重賞勝ち馬は2頭いるが、トライアル組の取捨は、※1)あるフィルターを通す必要がある。

今年、トライアル重賞勝利馬で買えるのは1頭。

※1)あるフィルター=以前人気ブログランキングで公開済み。その時の事を覚えている方なら必要な方を取捨選択できるはずです。

| 競馬コ ラ ム | - | - | posted by mino -
特別Rの激走大穴馬 12:35

特別レース(原則9R以降〜最終R迄)の激走大穴馬を公開します。

推奨馬は最大2頭。

的中率より回収率重視となります。

昨日は、阪神10R・鶴見特別でサダムグランジュテが激走。単勝1.240円、複勝510円の好配当で単勝回収率は、207%、複勝回収率は85%となった。

本日は、推奨馬が少ないが阪神・函館のメインレースに穴馬出現率が高くなっているので人気ブログランキングにて公開中。

[阪神]
9R・-
10R・-
11R・マーメイドS
12R・

[福島]
9R・-
10R・-
11R・-
12R・-

[函館]
9R・-
10R・-
11R・函館スプリントS
12R・-

マーメイドSの穴馬は2頭。出来れば馬場は重馬場以上に悪化した方がより好走率が高まったが、2頭の内の最初に挙げた馬は、買い材料のオンパレード。マーメイドSで穴を空ける典型的なパターンの馬。

函館スプリントSはの穴馬は1頭。時計の掛かるスプリント戦歓迎で、短距離専門厩舎・矢作厩舎の所属馬。ロードカナロア1強となっているオッズなので、2.3着馬を当てに行く必要がある。昨年のテイエムオオタカにイメージが被るタイプで、今年の3歳牡馬陣は、ハイレベルなのではないかと思われる。昨日までに既に3歳牡馬は7勝(芝のみ)を挙げているが、3歳牝馬は1勝止まりと低調。

ロードカナロアのほかに注目は、夏女エーシンリジル、1200mの3着内率80%以上と安定感抜群
のキングレオポルド。北海道シリーズに照準を合わせて来ているパドトロワ、時計の掛かる芝を得意とするブルーミンバー辺りが相手。

| 競馬コ ラ ム | - | - | posted by mino -
特Rの激走大穴馬 03:41

特別レース(原則9R以降〜最終R迄)の激走大穴馬を公開します。

推奨馬は最大2頭。

的中率より回収率重視となります。

今週は厳選穴馬を6頭紹介。

[阪神]
9R・6=単騎逃げ見込め。雨歓迎。
10R・5=道悪、4戦3回馬券圏内。内枠。
11R・5=降級馬。人気薄逃げ馬。 11=この距離で見直。
12R・-

[福島]
9R・-
10R・-
11R・-
12R・-

[函館]
9R・13=北海道シリーズに照準。揉まれ弱く外枠歓迎。
10R・-
11R・14=東上遠征は勝負懸り。池添親子勝負の鞍。
12R・-

この中で勝負の鞍=人気ブログランキングにて開催・レース・馬番を公開中。

| 競馬コ ラ ム | - | - | posted by mino -
特別Rの激走大穴馬 11:06

特別レース(原則9R以降〜最終R迄)の激走大穴馬を公開します。

推奨馬は最大2頭。

的中率より回収率重視となります。

土曜日は三田特別の6番人気オマワリサンが2着、灘Sのウインドミネーターが6番人気31.6倍で2着と激走してくれたものの、東京、函館が不発で複勝回収率は84%と振るわなかった。

[東京]
9R・-
10R・5
11R・エプソムC
12R・8

[阪神]
9R・6
10R・-
11R・-
12R・10

[函館]
9R・13
10R・10.4
11R・15
12R・12

エプソムCの穴馬は1頭を人気ブログランキングにて公開中。

| 競馬コ ラ ム | - | - | posted by mino -
| 1/17 | >>