競馬CIRCLE厩舎

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
きさらぎ賞・重賞RT 08:47

今年の3歳戦では、ディープブリランテという怪物が1頭いて、それに追随する馬がどれだけいるかが焦点となっている。現段階で同馬に対峙できるのは、現時点では朝日杯を勝った無敗馬アルフレードか。

今年の2歳重賞戦線では、新潟2歳S、札幌2歳S、朝日杯、ラジオNIKKEI杯のレベルが高いようではあるが、朝日杯を勝ったアルフレードは前走500万条件、ラジオNIKKEI杯を勝ったアダムスピークは前走新馬戦、阪神JFを勝ったジョワドヴィーヴルも前走新馬戦と秋の主要重賞を勝った馬は、重賞戦線を渡り歩いて来た馬ではなく、新馬戦や条件戦をステップにしている馬ばかり。

この現象は例年より2歳重賞戦線のレベルが低い事を示していてると思われる。

この現象は年が明けても同様で、シンザン記念を勝ったのは、前走未勝利戦を勝ったばかりのジェンティルドンナであり、フェアリーSを勝ったのも重賞実績がないトーセンベニザクラだった。

京成杯も同じで、朝日杯2着、札幌2歳S3着の格上馬マイネルロブストが500万条件を勝ったばかりのベストディールに後塵を拝している。

今年のクラシック戦線は群雄割拠の様相で当然のように下剋上が起こる大混戦。

レイティングも本来は、格上でHレベルと見られる重賞を内容あるレースで好走している馬を上位に取る事が多いが、これまでの傾向から今年は、新馬戦や条件戦を余力を残して勝ち上がって来た馬に注意が必要だと思われる。

レイティング結果から先に記すと以下の通り。

1位:ジャスタウェイ
2位:マイネルアトラクト
3位:プレミアムブルー
4位:マデイラ
5位:●●●
6位:●●●

ジャウタウェイの1位評価根拠は、新潟2歳Sのレース内容。当時のレースレビューでも書いたが、今年の新潟2歳Sはレベルが高かった。特に上位2頭は別規格の強さを示していたが、勝ったモンストールは喉鳴りは発病し、その後振るわず、2着のジャスタウェイも東京スポーツ杯でディープブリランテに子ども扱いされ、あっさり底が割れてしまった。一つだけエクスキューズを付けるとすれば、東京スポーツ杯が不良馬場で力が要る馬場が合わなかったと見る事も可能。仕切り直しの1戦となるか。補足しておくと、東京スポーツ杯は確かに土砂降り雨で不良発表だったが、上がり時計は良馬場並みに速く、直線は先行集団に付けていなければ勝ち負けできない特殊馬場だった。

2位のマイネルアトラクト、プレミアムブルーはシンザン記念2・3着馬。4着が朝日杯4着のトウケイヘイローだった事を思えば、それなりの評価が必要。

マデイラは、先に書いた通り、東京スポーツ杯で後方の位置取りが響いての負け。ジャスタウェイとは0.3秒差であり争覇圏内にいる。

5位、6位は新馬戦の内容から特注扱いとしたい。

●●●は、人気ブログランキングにて馬名公開。

| 重賞レイティング | - | - | posted by mino -
JCD・重賞RT 08:07

[PR]


馬券フォーカスとは…わずかな資金で始められる「競馬投資」。一攫千金ではなくコツコツお小遣い稼ぎに焦点を当て、会員様に的確で堅実な有料情報を提供する事をモットーに、馬券フォーカスは立ち上がりました。

競馬をギャンブルではなく、投資に変える競馬予想。それが競馬フォーカスです。競馬を長く楽しみたい方向けの情報サイトです。

情報ソースは、馬主・調教師・厩務員・トラックマン・生産者等。

予想スタイルは、オッズ理論・馬場適性・距離適性・騎手適正・血統理論・厩舎・馬主の思惑等さまざまなデータ解析により馬券をフォーカスします。

馬券フォーカスでは、ユーザー様にあったプランをご用意。レース開催日、重賞レースのみ、資金配分の方法までユーザー様に合ったプランをご提供。

今週の馬券フォーカス
★的中実績

登録は完全無料。メールアドレスのみで登録完了⇒登録はコチラまで


現在のダート路線は二極化が進んでいて、一握りのHレベルホース達と、条件クラスに毛の生えた程度のオープン馬とが入り混じっての競馬が繰り広げられている。

JCDの主要ステップRは、南部杯、武蔵野S、みやこSがメイン。

中でもHレベルレースは、前3F34.3秒、5F57.8秒の超Hペースとなった南部杯。芝の重賞級のハイラップで逃げたエスポワールシチーは直線失速。このペースを自力で前を潰しに行ったトランセンドは化け物級。2着のダノンカモンも4角3番手から先行して粘り込み。上がり時計はトランセンドを0.2秒上回る36.6秒でメンバー2位。

エスポワールシチーは続くみやこSで番手からメンバー最速の上がりを繰り出して優勝。2着馬には3馬身1/2差を付ける圧勝劇を演じている事からも、南部杯のレベルが計れる。

ダノンカモンは、武蔵野Sで2着。勝ったナムラタイタンはデビューからダートで6連勝を記録した砂の鬼で、マイルまでの距離ならG1が狙える位置にいる。そのナムラタイタンに2着したダノンカモンは、南部杯の結果から見ても優にG1級のレベルに達している。

他の武蔵野S組では、7着に敗れたテスタマッタ。負けはしたが休み明けだった事、上がりはメンバー最速で35秒台の末脚を繰り出している事、今年のフェブラリーSではトランセンドの2着だった事などを踏まえると、一叩きされた後の変わり身を見せる可能性はある。

他では今年のフェブラリーS3着馬バーディバーディ。フェブラリーSでは、トランセンドの上がりを0.3秒上回り、ダノンカモンを完封している。中1週で前走負けている事から不当に人気を落とす可能性が高く、人気の盲点になっている。

ヤマニンキングリーは、前走初ダートでダートの主力級を一蹴。デビュー以来初のダート戦で抜群の砂適性を見せた。底知れない魅力がある。シリウスSのレベルは高くないが、勝ち方にはかなり余裕があった。

明日のラップ分析では、JCD好走の為に必要とされる『要素』にスポットを当てて掘り下げます。

ラップ面の裏付けを基にした分析であり、ある二つの要素が、JCDを解く上での重要なカギとなり、穴馬はこのカテゴリから出現します。

その『要素』のヒントキーワードを公開しておきます。

ヒントキーワードは人気ブログランキングにて。

[PR]


今週の注目サイトは、裏@勝馬NAVI

高的中率だけにとどまらず、高配当を連続的中している実績を持ったサイトです。

予想スタイルは、関係者情報、指数、血統分析等を駆使した競馬予想サイト。

関係者情報は、メール登録で完全無料にて入手が可能。

更に当日は、関係者情報のみならず、買い目の提供もあり。

自身の目で的中精度の高さをご体験下さい。

過去の的中実績は
コチラをご覧ください。

まさに至れり尽くせりの情報源入手サイト。

無料メール登録は、
コチラから

| 重賞レイティング | - | - | posted by mino -
マイルCS・重賞RT 07:37


馬券フォーカスとはわずかな資金で始められる「競馬投資」。一攫千金ではなくコツコツお小遣い稼ぎに焦点を当て、会員様に的確で堅実な有料情報を提供する事をモットーに、馬券フォーカスは立ち上がりました。

競馬をギャンブルではなく、投資に変える競馬予想。それが競馬フォーカスです。競馬を長く楽しみたい方向けの情報サイトです。

情報ソースは、馬主・調教師・厩務員・トラックマン・生産者等。

予想スタイルは、オッズ理論・馬場適性・距離適性・騎手適正・血統理論・厩舎・馬主の思惑等さまざまなデータ解析により馬券をフォーカスします。

馬券フォーカスでは、ユーザー様にあったプランをご用意。レース開催日、重賞レースのみ、資金配分の方法までユーザー様に合ったプランをご提供。

今週の馬券フォーカス
★的中実績

登録は完全無料。メールアドレスのみで登録完了⇒登録はコチラまで

今なら新規会員様の中から
3つのスペシャル特典つき!

今週のマイルCSの展望は、コチラから。




マイルCSの主要ステップレースは、今年はスワンS、富士S、毎日王冠、天皇賞、秋華賞、京成杯AH、安田記念となっている。

これらの7つのレース検証から、実力馬のあぶり出しを行いたい。

まず、スワンステークス組から。
当日の京都は例年比+0.6秒時計の掛かる馬場で、5F55.7秒のHペースを先行し上がり2位をマークしたリディルは強い内容の競馬。2着のG1馬ジョーカプチーノに直線半ばまで、持ったままで並び掛けアッサリ突き放し1馬身1/4差で圧勝。当日は外差し傾向馬場だったが、上位2着までの馬が別規格の競馬をした為、見た目前残りとなった。時計も96年にスギノハヤカゼがマークした1分19秒3にコンマ1秒差の勝ち時計。G1級の内容で前哨戦を圧勝している。

次に富士Sではあるが、今年は不良馬場開催となった事。過去10年間で富士S組のマイルCSにおける成績が【1-2-0-43】である事を考慮すると評価レースとなり辛い。それに馬券圏内に入線した3頭はある要素を満たしていた。その要素の詳細は明日のラップ分析に譲るが、今年の富士S組でこの要素を満たしている馬は皆無。今年は富士S組軽視の姿勢。

次に毎日王冠組について。
今年の毎日王冠はスローペースで前残りの競馬。ただ、内不利の外差し馬場であった。注目する必要があるのは2頭。1頭は古馬と同斤量57kgを背負って、展開に恵まれたとはいえ、内不利馬場でインを突いて先行して粘り込んだリアルインパクト。勝ち馬ダークシャドウはその後、驚異的レコードとなった天皇賞2着馬。もう一頭は、スタートで出負けして、直線インをついて伸び掛けるも、前が詰まり追えず終いだったダノンヨーヨー。上がりはメンバー2位だった。

驚異的なレコード決着となった天皇賞組では、ミッキードリーム。5F56.5秒の殺人的なペースを終始先行し、5番手から8着している。勝ち馬からは1.1秒差で、同じような位置から競馬をしたエイシンフラッシュとは2馬身差があり、G1級と呼ぶには物足りない内容ではある。

秋華賞組は2頭。
キョウワジャンヌとマルセリーナ。キョウワジャンヌは、勝ちに行く競馬をして勝ち馬(アヴェンチュラ)とは1馬身1/4差。上がりはアヴェンチュラを0.1秒上回っているが、勝ち馬はゴール手前で流している。ローズSではホエールキャプチャに0.1秒差の競馬をしている事から、3歳牝馬の中では、トップクラスの実力を持っている事は疑いようがない。アヴェンチュラ、ホエールキャプチャは、女王杯で凱旋門賞3着のスノーフェアリーと勝ち負けしている事から、ワールドクラスの実力を持っている事が理解できる。マルセリーナは秋2戦は太目残し。桜花賞でホエールキャプチャに圧勝している事からも侮れない。例年は3歳世代不振傾向ではあるが、今年の3歳牝馬路線はハイレベル。

京成杯AHでは、5F56.6秒を先行して上がり3位の末脚で圧勝したフィフスペトルが強い内容の競馬。続くスプリンターズSでは、2歳時以来のスプリント戦で、先行集団を馬ナリで追走するスピードを見せたが、直線前が詰まり追い出しが遅れた事が致命傷に。ゴール手前で再加速している事から見ても明らかに距離不足。マイル戦で激変する要素を備えている。

安田記念での注目はリアルインパクト、リディル、スマイルジャックの3頭。リアルインパクトは斤量の恩恵はあったものの、先行して押し切る横綱競馬。マイル路線の暫定1位だろう。リディルは、前のクレバートウショウが邪魔になり、ゴール手前100mまで追い出しが出来ず。加速すると一気にトップスピードに乗って猛然と追い込んで来ている事から、この不利が致命傷となっている。スマイルジャックは外不利馬場で外から内に切れ込んで追い込んで来た。しかし、この馬はG1で寸足らずのところがあり、着はあっても勝ち切れないタイプ。理由はダラダラとスピードに乗るタイプで、二段加速が出来ない為。現代のG1馬は、そのほとんどが二段加速を備えている。10年前のG1でなら通用したタイプだっただろう。日本馬のレベルは確実に上がっている。

レイト1位、2位は●●●と●●●。

●●●は人気ブログランキングにて。

| 重賞レイティング | - | - | posted by mino -
スプリンターズS・重賞RT 07:46

実績馬と上がり馬とが混じり合う戦いとなるスプリンターズSは、既成勢力と新興勢力の力関係を洗い出さなければならない。

特に能力の絶対値が問われるG1では、この作業は必須事項。

実績馬と上がり馬とを結びつける基準馬となるのは、●●●。

この馬は、サマーシリーズの多くに参戦し、実績馬と上がり馬とが混じり合うセントウルSにも出走して、常に自分の能力分だけは走る堅実駆けするので判断基準としやすい。

●●●は、人気ブログランキングにて。

●●●を基準に考えると、レイト1位馬は、人気ブログランキングとなる。



| 重賞レイティング | - | - | posted by mino -
ローズS・重賞RT 08:02

ローズSの格付は、春の既成勢力と、夏の上がり馬達の新興勢力とのせめぎ合いとなる。

春の実績馬は、クラシックで上位に入線していた馬が高レイトになるが、夏の上がり馬の取捨選択がポイントになるし、穴馬発掘は上がり馬抜きには語れない。

過去10年のローズSのレースレベルは、上がり馬の好走実績を調べると、1000万下以上での連対経験が必要となっている。

唯一500万下を勝って、ローズSを勝った馬では、2004年のレクレドールがいる。

他は、全て1000万下連対以上の実績を持っていた。

レクレドールは、デビューが3月でキャリアが浅く、3か月の休養明けを挟んで、札幌の500万下・牡馬混合戦を勝って参戦していた。

休み明け、牡馬混合戦勝ち、浅いキャリア、古馬初対戦と幾つもの不利を克服して、メンバー最速の上がりを繰り出して勝ち上がって来ている馬だった。

基本的に、夏の上がり馬は、1000万クラス以上連対実績を一つの基準として足切りをしても構わないと思われるが、500万下から勝ち上がって来ている馬は、特殊事情があれば拾い上げる必要があるだろう。

今年、1000万下実績がある馬は、キョウワジャンヌ、リヴァーレの二頭。

500万下からレクレドールと同じパターンで勝ち上がって来ている馬は…人気ブログランキングにて馬名公開中。

| 重賞レイティング | - | - | posted by mino -
セントウルS・重賞レイティング 08:38

スプリント路線の横綱キンシャサノキセキが引退した中で、次位は当然、キンシャサノキセキと勝ち負けを繰り返していたダッシャーゴーゴーだろう。

ここに宮記念2着、昨年のスプリンターズS3着のサンカルロが格付けで2位のポジションをキープというのが妥当な見方か。

この既成勢力図を壊すとすれば、新興勢力。

その筆頭は、現在サマースプリントシリーズ1位キープ中のカレンチャン。函館SS、キーンランドCと北海道スプリントシリーズを総なめ。

函館SSはメンバーに恵まれた感もあったが、キーンランドCでは常にスプリントG1で好走して来たビービーガルダンを力で捻じ伏せた点に価値がある。

その他の新興勢力図としては、アイビスSDを余力残しで勝ったエーシンヴァーゴウ。タイム53.8秒はカルストンライトオに次ぐ好タイムだった。実はアイビスSDで53秒台のタイムで勝ったのはカルストンライトオとメジロダーリングしかいない。その後、カルストンはスプリンターズSを勝ち、メジロはスプリンターズS2着。アイビスSDの53秒台はG1級の証明といえる。そこを余力残しで圧勝したエーシンヴァーゴウの能力とはどれ程のものなのか?

スプリント路線の新興勢力図は、このエーシンヴァーゴウを起点に考える必要がある。

エーシンヴァーゴウは、その後北九州記念に出走して3着だった。

北九州記念は、馬場荒れと前半からの超Hペースが重なり、先行馬不利な展開となった。

新興勢力で注目に値するのは、この北九州記念で先行して潰れたエーシンリジル、テイエムオオタカ。

エーシンリジルは、+16kgの太目残しで道中手応えが悪く追っつけながらの追走。直線は早め先頭に立ち、横綱競馬で勝ちに行ったがトウカイミステリーに足元をすくわれ2着惜敗。

テイエムオオタカは超Hペースを自ら逃げて勝ち馬から0.2秒差の競馬。エーシンヴァーゴウとは0.1秒差で、新興勢力の筆頭カレンチャンとも函館SSでは同タイムで走っている。

新興勢力で盲点となっている馬をあぶり出すには、テイエムオオタカを起点に考える必要がある。

ヒント公開は、人気ブログランキングにて。この馬は、テイエムを凌駕するレース内容で駆けていて大穴激走候補馬となります。レイト6位評価。

| 重賞レイティング | - | - | posted by mino -
| 1/39 | >>