競馬CIRCLE厩舎

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
レースレビュー・有馬記念 21:49

今週のフォーカスレースは、今年の最終戦・有馬記念。

勝ったのは1番人気に応えたオルフェーヴル。

8馬身差の圧勝だった。

4角を一捲りした後は一方的に突き放す独走劇だった。

1週前段階まで仕上がり不安を危惧する声もあり、当ブログでもその順調さを欠いた調教メニューを指摘していたのだが、終わってみれば次元の違いを見せつけての圧勝だった。

ちょっとサラブレッドの域を超えた走りで、全盛期のディープインパクトでも太刀打ちできたかという内容の競馬だった。

2着には屈腱炎を克服したウインバリアシオン。

この馬はオルフェーヴルとは対照的に、中間バリバリ攻め馬を消化し、最終追い切りはCWコースで一杯に追って一番時計を計時。

4角を回る時にギアチェンジに時間が掛かるゴールドシップを外から被せた岩田騎手のファインプレーも光った。

ただ、勝ち馬の影も踏めなかったのは、それ以上のパフォーマンスでオルフェーヴルが走ったため。

オルフェーヴルは、現役生活の中で最も仕上がりが悪かったが、最も強い競馬をするという矛盾をどう自分の中で消化していいのか正直、分からない。

3着には、ゴールドシップが入線。

4角でオルフェーヴル、ウインバリアシオンに被せられ、万事休すの状態だったが、騎手の腕とブリンカー効果が利いて3着まで持ってきた。

今回の好走は復活でも何でもなく、ラップ適性がマッチしたとみるべきだろう。

これでこの馬の適性がはっきりしたといえるのではないか。

もうネタバレしてしまったので、今後投資妙味は下がる。

残念だったのは、キズナ、エイシンフラッシュ、ジェンティルドンナ、ジャスタウェイの回避。

この時期に有馬記念を開催するからこそ、一般競馬ファン以外の注目も集めるのだが、競馬サークル内では有馬記念は有難迷惑のレースであることは理解している。

そもそも厳冬期に紛れの多い中山競馬場で看板馬を使う理由が見当たらない。

リスクがないなら使う理由もあるが、リスクに見合うだけのリターンが少ないことが問題。

表層的な意見としては、競馬ファンの為に出走する義務があるともいえるが、使う側としては故障したりスネにキズでも出来たら使う意味が見出せない。

いくら賞金額を上げても意味はない。

それなら、有馬記念の格式を上げる努力をする必要があるのではないか。

レースそもものを見直して行かないことには、せっかくの高額賞金G1が無味乾燥なものになってしまう。

レースは、○-△-◎の結果に終わったが、寂しいメンバーでの有馬記念ではイマイチ盛り上がりに欠ける。

JRAはCMを大量投入して営業努力していたが、販促活動より競馬界の改革に着手してもらいたいと切に願う。

視点を変えれば改革が成功すると思うのだが…。

明日は、2013年フォーカスレースの総括をします。

1年間ご覧いただきありがとうございました。

| レースレビュー | - | - | posted by mino -
レースレビュー・朝日杯FS 20:01

今週は土曜日にハンデ戦の愛知杯、日曜日にはフォーカスレースで中山開催は今年が最後となる朝日杯が行われた。

土曜日の愛知杯も重賞研究レポートで試験配信したが、本命◎オールザットジャズが4着と敗れ、ノーマークの2頭のワンツーで3連単は470万馬券と荒れに荒れた。

上位人気に推されていたアロマティコ、ゴールデンナンバーは自信を持って切り捨て、穴馬からの馬券戦略を実行したが空振りに終わってしまった。

悪い流れは日曜日も続き、フォーカスレースの朝日杯FSでは軸プレイアンドリアルが撃沈。

大穴激走馬マイネルディアベルが4着と全く歯車が噛み合わず。

こちらも愛知杯に続き切った馬のワンツーという決着。

全日本2歳優駿除外で朝日杯FSに回ってきた馬を狙う事自体に無理があるので、この結果は仕方がないと諦めるしかない。

今年の2歳牡馬路線は低レベルという下馬評だったが、戦前の予想通りレース内容も平凡過ぎる内容。

前日のひいらぎ賞を勝ったミッキーアイルの勝ち時計が5F59.5秒で逃げて1分34秒2の走破タイム。

対して朝日杯は5F58.6秒で1分34秒7では条件戦並みのどうしようもないレベル。

単純な時計の比較でいうと古馬500万クラス程度のレベルだった。

勝ったアジアエクスプレスはダートで2連勝して、初芝初G1での戴冠となった。

過去にはダートを2連勝して朝日杯で2着したオープニングテーマという馬がいたが、その時以来の初芝G1連対となった。

アジアエクスプレスの好走要因は、道中のペースが緩んだ事と力の要る馬場で上がりが掛かった事に尽きるだろう。

現段階では、クラシックでどうこういえるレベルの馬ではない。

1番人気のアトムは切れ優先のタイプで、今日のような低速上がりでスタミナと持久力が問われるレースに適性がなかったという事だろう。

2番人気のプレイアンドリアルは、切れる脚はないがスタミナはあるタイプ。

今の中山は低速馬場であるが、同時に切れが要求される馬場である事から、先行しては粘り通す事が困難だった。

ベルカントはスタミナ不足が災いした。

3着に入線したウインフルブルームは、今年の朝日杯のポイントだったマイネル軍団の一角。(ウインレーシングをラフィアンが買収したため)

今年も単勝20倍台以内のマイネル軍団が穴を空けた。

来年は阪神開催になるが覚えておいて損はない特筆データの一つ。

重賞予想は歯車が噛み合わなかったが、今週に入って漸く特別レースの激走大穴馬にエンジンが掛かって来た。

最近は不振を極めていたので、日曜日は予想に割く時間を増やし、細かい検証作業を積み重ねて臨んだ結果【0-1-1-5】で複勝回収率は170%と光明が差して来た。

土曜日から比較して推奨馬の数は減ったが、精度が上がり、同時に回収率も大幅にUPした。

これまでは的中率にこだわり過ぎる余り、激走大穴馬とは呼べないような上位人気馬を多数推奨していた事で回収率が一向に上がらなかったが、日曜日はその点に留意し穴馬を吟味した結果だと考えている。

このスタンスを崩さずに次週以降臨みたい。

次週は今年最後のフォーカスレース有馬記念。

昨年は1〜3着までパーフェクト的中を成し遂げたレースでもあり、今年も何とか良い形で皆様に馬券貢献できればと考えている。

1番人気は引退レースとなるオルフェーヴルだろうが、ゴールドシップがJCを惨敗した事やJC馬、秋天馬不在で2番手以降が大混戦。

軸はオルフェーヴルでいいかもしれないが、個人的にはここでこそ狙いたい馬がいる。

おそらく、このままアクシデントがなければ、この馬からの馬券が本線になる可能性大。

ポイントは、今の中山の低速瞬発馬場になるだろう。

個人的な狙い馬を1頭挙げるとすれば、人気ブログランキングとなる。

この馬は好走要件を全て満たしていて、勝つとすればココしかないといえる。

有馬記念の好走要件は、コース適性と非基幹距離適性の2点に集約される。

有馬記念で今年のフォーカスレースも終了となるが、本日段階での券種毎の的中率と回収率を報告しておきます。

尚、当ブログでは予想力UPのためのレポートを中心とした競馬ブログであり、

馬券を儲ける事が主旨ではありませんので、買い目公開は一切行っていません。

予想は分析結果残った◎○▲△注★の6頭で全てBOX集計としています。

BOXといっても7頭も8頭も印を回すようなダラダラ予想ではなく推奨馬は6頭までです。

当方は良い時だけの成績を切り取ったり、追い上げ式等の収支計算ではなく、2013年金杯から本日行われた朝日杯までのフォーカスレース均等買での集計です。

フォーカスレースは1週につき1Rを指定し、そのレースを深堀分析する事で予想力を鍛える目的で開設しました。指定理由は注目度の高いレース、若しくは格式の高いレースを指定しています。

予想の詳細は今年も有馬記念終了後に印及び配当を全公開致します。

嘘偽りのない予想結果である事を鏡張りにしますのでどうぞご覧ください。

◆馬連:回収率143.9%、的中率55.1%
◆馬単;回収率133.2%、的中率55.1%
◇三連複:回収率191.7%、的中率30.6%
◇三連単:回収率238.8%、的中率30.6%
※2013年1月〜12月15日までの成績

| レースレビュー | - | - | posted by mino -
レースレビュー・阪神JF 19:04

今年のフォーカスレースも残すところ3鞍となってしまい、競馬をやっていると時が経つのが早く感じられる。

今年の阪神JFは、歴代最高メンバーと後に伝えられるであろうレースとなった。

メンバーも一流なら競馬内容も一流で、コース改修後勝ち時計は歴代3位。

道中のラップは前3F34.3秒、5F58.4秒、上がり35.5秒で勝ち時計1分33秒9。

想定ラップ前3F34.3秒、中5F58.1秒、後3F35.4秒、時計1分33秒5に近い流れとなった。

最速タイムは2006年にウオッカが記録した1分33秒1。5F58.3秒、レースの上がり34.8秒という記録。

2位はトールポピーが記録した1分33秒8。5Fタイムは58.1秒、レースの上がり35.7秒。

ラップ補正を掛けると歴代2位のレース内容だった事が判る。

勝ったのは、単勝5番人気に甘んじていたレッドリヴェール。

これで無傷の3連勝で重賞は牡馬混合の札幌2歳Sを含む2連勝となり、一躍クラシックの主役級に躍り出た。

2着は首の上げ下げでハナ差の2着に泣いたハープスター。

ゴール直前は前に出ていたが最後の数十センチで差し返され2着に泣いた形。

3着は先に抜け出したホウライアキコに目標を定めてしまったため、差し馬2頭の餌食になってしまったフォーエバーマーク。

この3頭で4着以下に1馬身半の決定的着差をつけた。

来年は、この3頭が牝馬クラシックの中心となるだろう。

2番人気ホウライアキコは、パドックから入れ込み気味で発汗が目立った。

切れる脚がないので、阪神外回りは厳しかったか。

3番人気レーヴデトワールも鬼門の中1週が響いたか見せ場なしだった。

予想は、◎-○-無の結果。

個人馬券では馬連が的中した。

好走要件を満たしていたレッドリヴェールと、調教評価S評価のハープスターでの決着となった。

今週は、試験配信している朝日CCとカペラSでは、どちらも軸馬が勝利。

朝日CCはアルキメデス、カペラSはノーザンリバーが勝利して◎3連勝となった。

朝日CCは紐抜けで馬券は不的中となったが、カペラSと阪神JFを的中できたので勢いを持って次週に臨める。

残り2週全力を尽くしたい。

特に有馬記念では、とっておきの穴馬がスタンバイしているので、オーラス有馬記念を的中させて気持ち良く年を越したいと思う。

その有馬記念は、人気を吸って撃沈してもらう予定だったキズナの回避は残念だが、凱旋門賞からの帰国緒戦を迎えるオルフェーヴルは有馬記念が引退レースとなる。

レース終了後に引退式を行う予定。

果たして有終の美を飾って引退式を迎える事ができるかどうか?この穴馬の出方がカギを握っている。

もし、オルフェーヴルが有馬記念を勝てたとしても、年度代表馬はロードカナロアに持っていかれる可能性が高いと思うが…。

次週は朝日杯FS。

低レベル2歳牡馬を嘲笑うかのように、牝馬のベルカントが登録。

朝日杯の馬体面からの推奨馬は3頭。人気ブログランキングにて挙げておきたい。

ちなみに阪神JFは、重賞研究レポート馬体診断レポートでレッドリヴェール・ハープスターの二頭を9.0点で横綱評価としたが結果はご存じの通り。

2歳戦は相馬眼で獲れるレースが多い傾向。

| レースレビュー | - | - | posted by mino -
レースレビュー・秋天 19:30

台風の影響で週末は天候が心配されたが、日曜日は良馬場まで回復した。

オッズ的には3強の様相だったが、勝ったのは5番人気の伏兵ジャスタウェイ。

勝因は展開によるところも大きかったが、2着のジェンティルドンナを4馬身突き放しての勝利だけに完勝といってよいだろう。

勝ち時計は1分57秒5。

この勝ち時計と道中のラップは想定通りで、勝ち時計1分57秒5は予測と寸分違わぬものとなった。

逃げたのはトウケイヘイローだったが、番手につけたのは1番人気ジェンティルドンナ。

スタートを決めてトウケイヘイローを徹底マーク。

負かしに行った分、最後は末が甘くなった。

道中掛かり気味だった事もあるが、同馬が負けるとすればこのパターンしかないという最悪の騎乗だった。

岩田騎手は、宝塚記念、ドバイシーマCでの教訓が活かされていない。

同馬の良さは、あくまで牝馬特有の切れであり、その切れを引き出すには差す競馬がベスト。

次は主戦を降ろされる可能性すら出て来た。

3着はエイシンフラッシュ。

ペースが上がると末を活かせないが、自分のペースを守れば最後は伸びて来る。

勝ちに行かなかった分の3着好走といえるだろう。

種牡馬価値を考えると狙いはJCと考えるのが自然。

同馬は社台SSでの種牡馬入りが内定している。

TVではHペースで、前に行った馬が厳しい展開だったと解説していたが5F58.4秒は秋天の平均ラップであって、先行して崩れた馬は力が足りなかったと見る方が正しい。

馬場は良馬場まで回復し乾いた状態だった。

この馬場状態と展開を考慮すると、2着のジェンティルドンナ以下は1分58秒台の走破時計であり、これは凡走に値する。

例年のHレベルメンバー構成なら惨敗に分類する負け方。

したがって、今年の秋天はG2戦に毛が生えた程度の低レベルメンバーによるレースだったと言わざるを得ない。

少なくとも4着以下に負けている馬はG1では通用しない。

重賞研究レポートの予想結果は△-◎-▲でラップ適性最上位評価のジャスタウェイが勝利して、後の2頭は予想結論レポート内容通りの結果となった。

穴馬コディーノ、オーシャンブルーは不発で馬券的には面白味に欠ける結果となったが、秋天は無料時代から含め4年連続の的中となった。

しかし、今週は試験配信している大穴激走馬が激走を繰り返し、スワンSのコパノリチャードを筆頭に土曜日は全て購入しても回収率140%超という成績。

先週から特別レースの激走大穴馬は全場9R〜12Rまでの穴馬を最大2頭(ほとんど1R1頭の推奨)紹介しているが、好結果が出ている。

これは、読者からのメールがキッカケで、厳選するより全ての穴馬を公開して欲しいという要望を形にしたもので、当然、全ての複勝を勝って儲かるという類のものではない。(今週はたまたま結果が出たが、長い目で見ると確実にマイナス収支になる)

そのため、自己馬券の相手に入れる買い方や、追い上げ式、コロガシなど買う側の人間が一工夫して購入しなければならない。

その点にご留意頂き楽しんでもらえれば使えるコンテンツの一つになると思う。

最近はよく、当たれば神・外れれば詐欺師みたいな過激なメールを送って来る輩がいるが、利用価値がないのなら利用しなければいい。

当方の本業は競馬の予想屋ではなく、コンビニ本部のSVなので副業で儲ける必要がない。

『当たる』・『儲かる』等と宣伝した事もなければ、たまに当たったからと言って大騒ぎするような的中報告などした事もない。

命を懸けて馬券を買うような方の参加はお断りしたい。

馬券購入が法律で20歳からと定められているのは、自己責任で馬券を買える『大人』だからである。

自己責任で馬券購入ができず、多額の負債を背負ったとしても当方の与り知るところではない。

ただ、ここまで続けられているのは、熱心な読者のお陰でもあり、それにはとても感謝している。読者の方々の御恩に報いるためにも、いつでも真摯な姿勢で有益な情報を提供し続けるのみだと考えている。

次週のフォーカスRはアルゼンチン共和国杯です。

G1の狭間だが、登竜門レースの位置付けでこのレースを2分30秒台で3着内好走の4歳馬はその後、高確率でG1で連対している。

・アドマイヤジュピタ⇒春天1着
・スクリーンヒーロー⇒JC1着
・ジャガーメイル⇒春天1着
・アルナスライン⇒春天2着
・アーネストリー⇒宝塚1着
・トーセンジョーダン⇒秋天1着、春天2着

全て4歳時に6〜8月までの夏競馬を使っている上がり馬で、AR共和国杯好走後、G1で活躍しているという共通点がある。

また、上がり馬らしく前走は最低でも連対以上の実績を持っていて勢いがあった事も共通項。例外はアルナスラインだけだが、同馬はG2の京都大賞典に出走し0.2秒差の5着だった。

夏の条件戦を使って来た勢いのある4歳馬には要注目。

昨年は1〜3着までが4歳独占。

昨年の好走3頭も上記条件を満たしていて今後のG1戦線で目が離せない存在となっている。

今年も4歳馬は3頭が登録。

中でも上記条件をクリアし、Ar共和国杯の好走要件を満たしている●●●は有力な1頭となる。

●●●=人気ブログランキングのランキング内にて。




| レースレビュー | - | - | posted by mino -
レースレビュー・新潟2歳S 21:16

今週のフォーカスレースは、新潟2歳S。

勝ったのは新馬戦を勝利したばかりのハープスター。

父ディープインパクト、母母ベガという良血で、見事1番人気に応えての圧勝だった。

勝ち時計は1分34秒5と平年並みだが、レースの上がりを1.3秒上回る鬼脚を繰り出しての勝利だった。

自身の上がりは32.5秒で、これは新潟2歳Sの最速時計となる。

過去に32秒台の末脚を繰り出した馬は3頭。

シンメイフジ、モンストール、ジャスタウェイの3頭。

この中でモンストールは喉鳴りを発症し成績が振るわなかったが、他2頭はその後重賞を勝利しG1でも上位争いをする能力を発揮。

これら以上の能力を秘めている可能性が高いのがハープスターということになる。

同馬は、大外から突き抜けて最後は流す余裕も見せた。

まさに異次元の脚。

新潟2歳Sからこれだけの逸材が誕生するとは思っていなかった。

馬主はノーザンF・キャロットF所属馬。

キャロットFは9月に一次募集を控えているがこの結果は良い販促企画になったのではないか。

2着以下の争いはドングリの背比べで例年並のレベル。

2着には出遅れた事が功を奏したイスラボニータが入線。

これでフジキセキ産駒の探勝10倍未満の馬は【2-1-1-0】と3着内率パーフェクトを維持。

予想結果は、△-▲-無の結果で、個人馬券では馬連BOXを購入していたので若干のプラスでの着地だった。

その他の重賞レースの見解結果は以下の通り。

【エルムS・見解】
◎02.ブライトライン⇒3着
○12.フリートストリート⇒1着
▲05.ダノンゴールド
△06.エーシンモアオーバー⇒2着
△09.グランドシチー
★11.ツクバコガネオー

馬連:2.950円
馬単:6.120円
三複:1.410円
三単:15.740円

個人馬券はブライトラインからの馬連で撃沈。

【キーンランドC・見解】
◎01.フォーエバーマーク⇒1着
○15.パドトロワ
▲11.ストレイトガール⇒2着
△03.シュプリームギフト⇒3着
注06.ファインチョイス
★16.サンカルロ

馬連:1.020円
馬単:2.240円
三複:3.760円
三単:19.030円

個人馬券は三連単が少し獲れた。

次週のフォーカスレースは、新潟記念を指定するが、サマー2000シリーズ最終戦で盛り上がりはずのレースが、今年はトウケイヘイローが早々とサマーチャンプの座を射止めたためメンバーレベルが下がってしまった。

その為、ハイレベルレースは望めないだろうが、サマー2000シリーズで過去にこのパターンが2回あった。

その年はともに馬連万馬券となっている。

今年も同様でサマーシリーズとは全く別角度の分析が要求されることになる。

その中でも一つの要素として●●●がある。

過去2年間の3着内6頭中5頭がクリアしていた要素。

●●●=人気ブログランキングのランキング内にて。

| レースレビュー | - | - | posted by mino -
レースレビュー・札幌記念 20:27

今週のフォーカスレースは、会員の皆様の期待も高かった札幌記念。

札幌競馬場改修作業のため、函館で行われたが生憎の雨で馬場は『重』発表。

道南地方は、悪天候が続いていた事から馬場はすっかり緩んでしまい土曜日も良馬場発表ながら例年比+2秒以上時計が掛かる馬場となっていた。

予想を行う上で重も巧拙も加味する必要性に迫られ非常に難解な予想だったが、結果から先に報告すると○-△-無の決着。

個人馬券は◎-○の二頭軸馬連フォーメーション推奨で、馬連配当4.230円を獲ることが出来た。

フォーカスレース三連敗は避けたいところだったので何とか面目を保てた。

このレースのポイントは小回り重賞レースにおける『能力』と洋芝適性が求められていたレースだった。

1・2着馬はともにこの好走要件A・Bをダブルクリアしている馬だった。

好走要件A・B(能力&適性)クリアは他にアイムユアーズを含む3頭のみだった。

この3頭で1・2・4着と上位を独占したかたち。

ちなみに人気を背負って惨敗したトーセンジョーダンは好走要件に該当していない危険な人気馬だった(結果13着と惨敗)

仮説の立案が嵌ると馬券は簡単の獲れる見本となった。(アイムユアーズは最後アンコイルドに差され4着と惜敗してしまったが…)

TV解説者はトウケイヘイローの圧勝を見て『将来のG1馬。サイレンススズカの再来』という趣旨のコメントをしていたが、もしトウケイヘイローがG1級の馬だとするなら、9R・500万下特別の定山渓特別を逃げて2分06秒9で大差勝ちしたネコタイショウはそれ以上に強いというになる。

同馬は札幌記念と同コースの芝2000mを逃げて、勝ち時計2分06秒9・5F61.7秒、上がり39.1秒で圧勝した。

このタイムはトウケイヘイローが作ったラップ(5F61.7秒、上がり39.7秒・勝ち時計2分06秒5)に匹敵する内容。上がり時計ではトウケイを0.6秒上回っている。

道悪時は巧拙が強く影響するため、時計や勝ち方鵜呑みにはできないが、このパフォーマンスは賞賛に値する。

ネコタイショウは次は菊花賞トライアルに参戦して来るだろうが、注目しておきたい。

鞍上の武豊はレース後『ネコなりでの圧勝だった』とコメント。

トウケイヘイローは次走は秋天が有力視されている。

府中の2000mを逃げ切る姿が見てみたい。

来週のフォーカスレースは人気ブログランキングのランキング内にて発表します。

次週のフォーカスレースは特徴的なレースで好走要件が明確化できるレースとなります。

ラップ分析に加え馬主面からの二元的な解析が必要とされます。

詳細は、重賞研究レポートにて。尚、来週はフォーカスレース以外にも2鞍重賞が組まれていますが、こちらは予想精度は落ちますが見解を公開します。

| レースレビュー | - | - | posted by mino -
| 1/21 | >>